1. 「採用」に関する記事(5ページ)

(5ページ)

U-NOTEには「採用」に関する記事が122件掲載されています。仕事を楽しくする「採用」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「採用」の記事一覧 122件中81 - 100件表示中

新着順    |     人気順
  • 企業が新卒採用に「Facebook」を活用することで得られるメリット

    企業が新卒採用に「Facebook」を活用することで得られるメリット

    企業の多くが、現在就職活動をしている学生をターゲットに人材の確保を行おうとしていると思います。中には優秀な学生を得ようと、大学4年生にもなっていない学生を採用しているところもあるでしょう。ここ最近、企業の中にはFacebookを活用した採用活動が広がっています。今回は採用活動、特に学生...

  • 【面接での逆質問はタブーか?】企業に対する「思い」をアピールするために意識すべきコト

    【面接での逆質問はタブーか?】企業に対する「思い」をアピールするために意識すべきコト

    面接とは会社や企業が入社希望者に対して質問をする場です。当たり前ですが面接官が応募者の人となり、適正、ポテンシャルを推し量るために様々な質問をします。しかし最近、応募者が企業側の人間に対して質問するという逆質問が注目され始めているのです。そもそも逆質問とは悪いことなのでしょう...

  • 面接結果の連絡が遅い時の「問い合わせ方」として知っておきたい3つのポイント

    面接結果の連絡が遅い時の「問い合わせ方」として知っておきたい3つのポイント

    転職活動期間は新たな仕事との出会いや、今までの自分の人生を振り返ることのできる貴重な時間でもあります。しかし、働いていない期間が長くなるにつれて不安が増してくるのも事実。最初のうちは良いものの、時間が経つに連れて「このまま働き口を失うのではないか…」という不安も頭をよぎり始める...

  • 面接で「御社」という言葉を使うときに気をつけたいポイント

    面接で「御社」という言葉を使うときに気をつけたいポイント

    企業の就職面接では、受験する会社を「御社」という言葉で表現するのが常識とされています。一般的には話し言葉では「御社」、書き言葉では「貴社」を使います。しかし常識とされる「御社」は、実は厄介な言葉でもあるのです。なぜ厄介なのでしょうか。面接の時に「御社」を使う時に気をつけたいポ...

  • 「面接結果の連絡が遅れる…」と判断した時に採用担当者が取るべき対応

    「面接結果の連絡が遅れる…」と判断した時に採用担当者が取るべき対応

    企業の採用担当者の多くは面接時に「○日までに、結果をお知らせできると思います」と約束します。しかし思いのほか選考が難航してしまうことや、社内的事情によってその約束を果たせないこともあるでしょう。結果の連絡が遅れることを認識したときに、担当者が迅速かつ適切に対応できないと、会社に...

  • 企業の採用担当者にメールや郵便を送るときの宛名の書き方

    企業の採用担当者にメールや郵便を送るときの宛名の書き方

    転職や就職活動をしている中で、手紙やメールのやりとりの回数は増えていくと思います。しっかりとした言葉遣いを利用することで、誠実な態度やビジネスマナーをアピールしましょう。ここでは、企業の採用担当者へ手紙やメールを送るときの宛名の書き方を紹介したいと思います。初めて送る場合や、...

  • 面接結果を文書で送る場合の文面例 —— 採用内定および不採用通知

    面接結果を文書で送る場合の文面例 —— 採用内定および不採用通知

    企業が採用面接をした後、その結果を通知する際の文面について「採用内定」と「不採用」それぞれの文面例を紹介します。採用内定しても正式に社員になるまではまだ「お客様」です。また不採用の判断をした方も、今後大事なお客様になる可能性があるため、できるだけ相手が不快に感じないよう配慮し...

  • 新卒採用の時に企業が大学の成績を判断基準に入れない理由

    新卒採用の時に企業が大学の成績を判断基準に入れない理由

    新卒採用が本格化する時期になると、就活生はエントリーシートや面接の準備をするために慌ただしく動き始めます。それと同時に、企業の採用担当者も忙しい時期を迎えます。就活・採活でチェックすべきポイントは多々ありますが,その中であまり考慮されないのが「大学での成績」です。企業によって...

  • 中小企業が取り入れている個性的な新卒採用の戦略

    中小企業が取り入れている個性的な新卒採用の戦略

    就職活動を行っていると、多くの学生が大手と呼ばれる企業に集中してしまいます。例えばメガバンクであったり、大手商社等はその代表的な例の1つです。そうなってしまっては中小企業に人が集まらないのではと考える人が多いと思いますが、一部の中小企業はそのようなことはありません。大手には無い...

  • 企業が新卒採用活動にかける予算の金額と内訳

    企業が新卒採用活動にかける予算の金額と内訳

    採用担当者が常に頭の中で考えている事のほとんどが、新卒採用についてです。どのような人材を採用しようかと悩みますが、同時に頭を抱えてしまう事が予算についてです。企業説明会の会場をどこにするのか、またインターネットのページに掲載するための予算はどのぐらいかかるのかなどを計算しなけ...

  • 創業して間もないベンチャー企業が採用活動をするときの注意点

    創業して間もないベンチャー企業が採用活動をするときの注意点

    ベンチャー企業は、人数も大手企業や有名企業と比べると少ないため、採用活動を慎重に行う必要があります。特に創業期は様々な人脈を使いながら何とか優秀な人材を獲得しようと、悪戦苦闘することが多いのが現状です。創業間もないベンチャー企業が採用活動を行う上で、どんなことに注意が必要にな...

  • 企業が多くの労力を費やしてまで新卒採用を重要視する目的

    企業が多くの労力を費やしてまで新卒採用を重要視する目的

    企業が新卒採用に力を入れる目的とは何でしょうか。即戦力を求めるなら仕事慣れした中途採用に力を入れるべきですし、新卒となれば仕事を1から教えなければいけません。ここでは、その手間と労力をあえて使ってまでも企業が新卒採用にこだわる目的をご紹介していきます。企業が新卒を採用するとなる...

  • 面接で不採用になってしまった時に失敗をそのままにしないで次に活かす方法

    面接で不採用になってしまった時に失敗をそのままにしないで次に活かす方法

    これまで受験であったり就職や転職の際など、面接を受ける機会は多かったのではないでしょうか。その中で、面接によっては残念ながら不採用という結果をもらうこともあったかと思います。不採用は残念なことですが、きちんと反省して次に活かさないといけません。そこで、面接において不採用になっ...

  • 企業の人事が新卒採用をする時に抱いている「本音」

    企業の人事が新卒採用をする時に抱いている「本音」

    「新卒採用」は何千人、何万人という学生の中から、自社に合った数十人の学生を採用するため、企業にとっては大変な仕事の一つと言えるでしょう。企業の人事は一体どのような思いを持ちながら採用活動を行っているのでしょうか。ここでは、人事が新卒採用で抱いている「本音」を紹介します。多くの...

  • 海外の企業から学ぶ!良い人材を採用する方法

    海外の企業から学ぶ!良い人材を採用する方法

    海外企業の採用方法は日本とは異なる部分も多いです。その採用方法が日本に必ずしも応用出来るというわけではありませんが、参考になるものはあるはずです。今回は、海外企業の採用活動の事例から、日本企業の採用活動の参考になる事例を紹介していきます。海外では、インターネットの交流サイト(S...

  • 【これだけは知っておきたい!】面接官に評価される志望動機に共通する3つの要素

    【これだけは知っておきたい!】面接官に評価される志望動機に共通する3つの要素

    就職活動するにあたって多くの人が「志望動機はどう書けば良いのか?」と悩みを抱えているのではないでしょうか?確かに志望動機は難しい部分もありますが、ポイントを押さえれば意外と簡単に書けるものです。ここでは、面接官に評価される志望動機に共通する3つの要素を紹介していきます。これを参...

  • 【ミスマッチを無くす!】企業が優秀な人材を採用する方法

    【ミスマッチを無くす!】企業が優秀な人材を採用する方法

    就職試験は企業を受ける学生のみならず、採用する企業にとってもある意味試験の場であると思います。その理由として、やはり企業も優秀な人材を見抜く力を試されているからです。大きい会社ですと、何百人、何千人の人が試験を受けにくると思います。企業はその中から、有望な人材を採用しなければ...

  • 企業が口コミによって会社の評判を良くしていくための方法

    企業が口コミによって会社の評判を良くしていくための方法

    企業としては、自社の評判自体をあげることによっていい人材を確保することがしやすくなるなど自社にとって有利なことが起きやすくなるので、出来る限り評判をよくしたいと思っているのが常でしょう。しかし、いいイメージを持ってもらうにしても、そのイメージを植え付けるのは多くの場合は口コミ...

  • 組織の風土を改善するためにやっておきたいこと

    組織の風土を改善するためにやっておきたいこと

    組織にとって風土というのはかなり重要なものです。風土は社風、カラーと言い換えても良いと思います。社風はメンバーが作るとよく言いますが、その組織のメンバーが自然に醸し出すものが社風であり、風土です。しかし、一度崩れてしまった風土はなかなか立て直しにくいものです。では、組織の風土...

  • 企業の採用担当者が「この人の採用は厳しい…」と感じてしまう3つのポイント

    企業の採用担当者が「この人の採用は厳しい…」と感じてしまう3つのポイント

    企業の人事部は面接で何千人、何万人という人を見ているため、面接をしている時に「この人の採用は厳しいな…」という思うポイントが幾つかあります。そうなってしまうと、面接の最初の段階で「不採用」となってしまうでしょう。そういった状況に陥らないためにも、企業の採用担当の方が「この人は採...