1. 「送付」に関する記事

「送付」に関する記事

U-NOTEには「送付」に関する記事が18件掲載されています。仕事を楽しくする「送付」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「送付」の記事一覧 18件中1 - 18件表示中

新着順    |     人気順
  • 書類と一緒に名刺を送付するときのマナー&名刺を渡せなかったときに送付する「お詫び状」の書き方

    書類と一緒に名刺を送付するときのマナー&名刺を渡せなかったときに送付する「お詫び状」の書き方

    取引先に書類を送付する際、名刺を同封するケースがあるだろう。さまざまなマナーに溢れたビジネスシーンにおいて、名刺を書類に同封する際にもマナーがある。そこで本記事では、書類と名刺を同じ封筒で送付する場合のマナーからスマートな送付方法、名刺を渡せなかったときに送付する「お詫び状の...

  • 契約書を送付する時に気を付けなければならないマナー

    契約書を送付する時に気を付けなければならないマナー

    契約書とは相手方、取引先との契約を締結する際に必要となる書類だ。重要な書類だからこそ、相手のことを考慮して契約書を送付しておきたいところ。そこで今回は、契約書に同封する送付状の書き方や返送が必要な契約書の取り扱い、捺印する場所の明示方法、郵便で送付する際の最低限のマナーを紹介...

  • 「企画書」を社外の人にメールで送付する際に注意すべき3つのポイント

    「企画書」を社外の人にメールで送付する際に注意すべき3つのポイント

    お客様・取引先などの社外の方へ企画書を送付する手段として、郵送・宅配と並び、メールを使うケースが多くなっているでしょう。特に送付先が社外の方ですので、不手際があってはいけません。確実に相手に企画書を送付するよう、注意する必要があります。そこでここからは、企画書を社外の方にメー...

  • 議事録をメールで送付するときの文章で気をつけるべきこと

    議事録をメールで送付するときの文章で気をつけるべきこと

    会議で議事録を作成する場合、メールで添付して欠席者に送付することもあると思います。ここでは、議事録をメールで送付するときの文章で気をつけたいことを紹介していきたいと思います。ビジネスでは、会議は頻繁に行われます。そのため、どの会議であるのかということを明確に示しておかないと、...

  • 【2つのケース別】書類の送付を依頼するメールを書くときに注意すべきこと

    【2つのケース別】書類の送付を依頼するメールを書くときに注意すべきこと

    お客様や取引相手にメールを入れる機会はしばしば訪れます。ビジネス文書ですから、相手に対して失礼にならないように丁寧な文面で、かつ要件が伝わりやすいように簡潔に書かなければなりません。それは、相手に対してメールでお願いする場面でも同じことが言えます。相手から書類を送付してもらわ...

  • 海外に書類を送付するときに気をつけたいこと

    海外に書類を送付するときに気をつけたいこと

    グローバル化が進み、海外に書類を送付するシーンも、ビジネスの中では増えてきたのではないでしょうか。しっかりと配送できるように配慮して送りたいところでしょう。ここでは、海外に書類を送付するときに気をつけたいことを紹介したいと思います。海外に送付する時ですが、送付するときに何日間...

  • ミスに気付いても慌てない!送付した書類の訂正方法

    ミスに気付いても慌てない!送付した書類の訂正方法

    顧客に送付した書類を読み直して間違いに気付くことは誰にでもあることです。そんな時は慌てないで、書類を訂正して送り直せば良いのですが、送り直すにはルールがあります。そのルールさえ守れば、書類を誤っても慌てる必要はありません。文書にはゴルフの開催案内のようなものと、見積仕様書のよ...

  • 書類の送付する時に添付する案内状を書くときの書式

    書類の送付する時に添付する案内状を書くときの書式

    仕事で誰かに書類を送付する場合、事務部署に全てを任す企業もあれば自分達で出す場合もあるでしょう。注意したいのは、相手先に失礼にならない様な書式の送付書などをつけて送付する事です。資料を送付するとしても単にその資料だけを送付すれば良いのではなく、例えばFAXを送る際に送信票をつける...

  • 社内に書類を送付するときに気をつけておきたいこと

    社内に書類を送付するときに気をつけておきたいこと

    社内に書類を送付することは案外難しいものです。いろいろありますが、文書の性格によってそのときに気をつけるべきことは変わってくると思います。そしてそれを上層部にまわすのか、それとも同僚にまわすのか、いろいろな場面で考えてみましょう。社内へ送付する文章はほとんどの場合、パソコンで...

  • 議事録を社内にメールで送付するときの文面と注意点

    議事録を社内にメールで送付するときの文面と注意点

    議事録とは、会議で行った内容を記録しておく文書です。ここでは社内に議事録を添付する際の文面や送付する場合に気を付けたいことを紹介します。議事録を添付する際には以下のような文面が適切です。--------------件名:【重要】新製品の市場導入を1カ月延期します。関係者各位お疲...

  • 退職届を送付するときに気を付けておくべきこと

    退職届を送付するときに気を付けておくべきこと

    いまの会社をやめると決心した場合、退職届を出すことがあるでしょう。退職届は基本的に会社の都合も考えて上司に渡すなどのほうがいいのですが、「どうしても行きたくない」「顔を合わせたくない」という人もいると思います。そういう人が退職届を出す時にするのが送付で提出するということです。...

  • 会社で開催する会合の招待状を送付するときのマナー

    会社で開催する会合の招待状を送付するときのマナー

     自社で会議や会合、各種レセプションを開く場合には、電話やメールではなく書状をもって招待するのが、まずは一番のマナーです。ついメールで済ませてしまう、というケースも昨今はあるようですが、先方にまちがった情報を伝えないために、またおざなりな印象をもたれないためにも、必ず招待状を...

  • あなたは守れていますか?ビジネス文書を封筒に入れて送付する際のマナー

    あなたは守れていますか?ビジネス文書を封筒に入れて送付する際のマナー

     現在のビジネスシーンでは、メールがコミュニケーションツールとして主流になっていますが、ビジネス文書を封筒に入れて送付する機会もまだまだ多くあります。文書と一口に言っても、契約書・自社商品のパンフレット・セミナーの案内状・転職面接時の履歴書など多岐に渡りますが、それらを封筒に...

  • 意外と知られていない!相手の会社にFAXで資料をを送付する際のマナー

    意外と知られていない!相手の会社にFAXで資料をを送付する際のマナー

     FAXは仕事には必要不可欠なものです。手軽に利用できる通信手段として利用するわけですが、ちょっとした不注意から場合によっては個人情報の流出ということにまで発展しかねませんので、正しい書き方、送り方をきちんと理解しておく必要があります。 まず、FAXで書類を送付する前に必ず相手に連...

  • 他の企業へ送付するときに気を付けたい、覚書のマナー

    他の企業へ送付するときに気を付けたい、覚書のマナー

     最近では、信書郵便というものもあり、そちらのほうがセキュリティが優れていると思う人もいらっしゃると思いますが、郵便で送る方がマナーとしては正解になります。郵便で送っていないと、相手が自分の企業に対して不審感を抱く可能性もありますので、注意が必要です。 また、マナーとして、折...

  • 他の会社へ郵便を送付するときに気を付けたいビジネスマナー

    他の会社へ郵便を送付するときに気を付けたいビジネスマナー

     郵便を送付するときですが、多くの場合が返信を求めるときなのではないでしょうか。こちらから返信を求める場合は、郵便物と手紙の他に返信用の封筒m同梱して送るようにしましょう。 返信用封筒の書き方ですが、まず、宛名に自分の企業や個人名を入れておきます。この時の敬称ですが、「行」「...

  • 領収書を取引先に送付するときに気を付けたいマナー

    領収書を取引先に送付するときに気を付けたいマナー

     送付する手段ですが、普通郵便で領収書を送ることは禁止されていません。普通の領収書であればそれ自体が金券ではないため、普通郵便で送ってしまってもよいでしょう。しかし、領収書の記入金額が高額である場合は、信書郵便や、書留で送ったほうがマナー的に適しているでしょう。 領収書だけを...

  • 営業マンがメールで資料を送付する際に気をつけておくべきこと

    営業マンがメールで資料を送付する際に気をつけておくべきこと

     営業をしていると、テレアポを行った後にメールで資料を送付するパターンは多くあるでしょう。作業になってしまいがちなテレアポからのメールでの資料送付ですが、アポに繋げるためにもしっかり気を配っておきたいものです。 ここでは、メールで資料を送付する際に気をつけておくべきことを紹介...

  • 1