1. 「箇条書き」に関する記事

「箇条書き」に関する記事

U-NOTEには「箇条書き」に関する記事が9件掲載されています。仕事を楽しくする「箇条書き」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「箇条書き」の記事一覧 9件中1 - 9件表示中

新着順    |     人気順
  • 英語の資料で「箇条書き」を使うときの注意点とポイント

    英語の資料で「箇条書き」を使うときの注意点とポイント

    日本語でも箇条書きを使用することは文章を簡潔かつクリアに相手へ伝えることができとても便利です。それは英語でも同じことで、箇条書きを使った資料を作成することによりメリットが多くなります。それでは、その際にどのように英語で箇条書きを書いたらいいのでしょうか? ここでは仕事で使用す...

  • 議題・項目別に意見をまとめて分かりやすく箇条書きで記録する方法

    議題・項目別に意見をまとめて分かりやすく箇条書きで記録する方法

    会議の議事録を作成する時に注意したいのは、大切な事がきちんと記録されているかという事でしょう。記録者は、正規の議事録できちんとした物を完成させれば良いのですから、実際の会議の時にはどんなに字が雑になってしまったとしても、書き落とす事がない様に注意すべきです。効果的な議事録とは...

  • 【中途採用の履歴書】原則NG?箇条書きを使った文章の書き方

    【中途採用の履歴書】原則NG?箇条書きを使った文章の書き方

     箇条書きを使うメリットとしては、文章を書くよりも簡潔に自分のアピールポイントを伝えられるということが挙げられます。また、スペースの削減にも繋がりますので、自分のアピールポイントがたくさんあって書ききれないということも防ぐことができるでしょう。 箇条書きを履歴書内で使うことは...

  • PowerPointでの上手な箇条書きの使い方!箇条書きを使えば分かりやすいスライドが作れる

    PowerPointでの上手な箇条書きの使い方!箇条書きを使えば分かりやすいスライドが作れる

     スライド中の文字は極力少なくするべきですが、そこでよく使われるのが箇条書きです。名詞で箇条書きにすることで「~です」などの語尾を省くことができます。ここでは効果的な箇条書きの使い方を紹介します。 そもそも、箇条書きを用いてスライドを作ることで、どのようなメリットを得られるの...

  • PowerPointの箇条書きを見やすくする!文字の間隔の調整法とコツ

    PowerPointの箇条書きを見やすくする!文字の間隔の調整法とコツ

     スライドで箇条書きをしているとどうしても行と行の間隔が気になります。幅が狭すぎると見づらいし、逆に広すぎてもなんとなく落ち着きません。そこで、箇条書きの間隔の調整の仕方とコツについて紹介します。 行と行の間隔は「書式」メニューの「行間」タブから設定します。数値が大きいほど行...

  • スライドのアウトライン作成に必須!PowerPointで箇条書きを活用する方法

    スライドのアウトライン作成に必須!PowerPointで箇条書きを活用する方法

     スライドに多数の項目を書くときには箇条書きにするのが普通です。特に、スライドのアウトラインを作成するときに箇条書きにすると必要な項目を見やすく列挙できます。PowerPointで箇条書きにする方法を紹介します。 PowerPointではEnterキーを押すと新しい段落に移りますが、ここでTabキーを押...

  • 英語のプレゼンキレイに箇条書きをする方法

    英語のプレゼンキレイに箇条書きをする方法

     プレゼンで何か情報を見せるときに箇条書きをする人は多いと思います。日本語で箇条書きをする方法をある程度理解していても、英語の場合どう書けば良いのか分からないという人がいると思います。そこで、英語でもキレイに箇条書きができる方法を紹介します。 項目の長さというのは、文字数のこ...

  • わかりやすいプレゼン資料を作るために必要な「箇条書き」のコツとは?

    わかりやすいプレゼン資料を作るために必要な「箇条書き」のコツとは?

     プレゼンの目的は、相手に自分の主張をわかりやすく伝え、相手に納得してもらい、相手に何らかのアクションを起こしてもらうことです。例えば営業プレゼンであれば、最終的に相手に「自社の商品・サービスを買っていただく」というアクションを起こしてもらう必要があります。そのためには、「自...

  • 聴衆を惹きつけるプレゼンのために知っておくべき箇条書きとデザインの使い方

    聴衆を惹きつけるプレゼンのために知っておくべき箇条書きとデザインの使い方

      プレゼンの目的は聴衆に自らが伝えたいことを理解してもらい、興味をもってもらうことにあります。プレゼンは講義とは違います。ただ伝えればいいというわけではありません。興味を持ってもらわなければならないのです。つまり、プレゼンではわかりやすさと同時に聴衆を惹きつけるものでなけれ...

  • 1