1. 「使い分け」に関する記事

「使い分け」に関する記事

U-NOTEには「使い分け」に関する記事が9件掲載されています。仕事を楽しくする「使い分け」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「使い分け」の記事一覧 9件中1 - 9件表示中

新着順    |     人気順
  • 【今さら人には聞けない】OFFICEソフトの正しい使い分け

    【今さら人には聞けない】OFFICEソフトの正しい使い分け

    社会人としての基本とも言われるOAスキル。入社後の研修でOA研修を行う企業も多くありますね。中でもOfficeソフトを使ったデータや資料作成はかなりの頻度で使用することでしょう。しかし、実際の業務でふと「あれ、この作業にはこのソフトを使うのが一番良いんだっけ?」ということはありませんか...

  • 方針、戦略どっちを使えばいいの?方針と戦略の違い

    方針、戦略どっちを使えばいいの?方針と戦略の違い

    会社では方針や戦略というような言葉を良く使いますね。ですが、これらの言葉のはっきりとした意味の違いをご存知でしょうか。方針と戦略の意味とそれぞれの使い分けについて見ていきましょう。方針とは、進んでいく方向、目指していく方向、進むべき方向などのことを意味します。会社では「方針を...

  • 尊敬語って敬語のことじゃないの?尊敬語・謙譲語・丁寧語の正しい使い分け方

    尊敬語って敬語のことじゃないの?尊敬語・謙譲語・丁寧語の正しい使い分け方

    敬語の種類において、尊敬語、謙譲語、丁寧語と3つの敬語がありますが、その使い分け方についてきちんと把握しているでしょうか。常識として知っておかなければならないだけでなく、仕事において敬語がきちんとしていなければ、相手の気分を害してしまうこともあるかもしれません。では、いざとい...

  • なにが違うんだ?「弊社」「自社」の使い分け方

    なにが違うんだ?「弊社」「自社」の使い分け方

    「弊社」と「自社」は、根本的な意味は同じでどちらも自分の会社を指します。この2つの言葉はニュアンスの部分が異なり、相手や場所により使い方も異なりますので注意が必要です。「弊社」は、自分の会社、自分が所属している会社を指します。「自社」よりも謙って表す意味があります。このため、主...

  • どっちがふさわしいの?「弊社」と「当社」の場面別での使い分け方

    どっちがふさわしいの?「弊社」と「当社」の場面別での使い分け方

    自分の所属する会社のことを言い表す場合「弊社」と「当社」という二つの言い方が思い浮かびます。実はこの二つは全く異なる用法で使われる言葉であり、場面によっても適切な使い方は異なります。「弊社」と言うべき場面で「当社」といってしまっては言葉の使い方として、間違っていることになりま...

  • 「御中」「様」「各位」どれを使えばいいの?社内文書の宛名に使う敬称の使い分け方

    「御中」「様」「各位」どれを使えばいいの?社内文書の宛名に使う敬称の使い分け方

    上司や先輩と話すときは、相手のことは高めて尊敬語で話します。そして、自分のことは低めて謙譲語でに話すことは、社会人としての常識です。これは、当然ながら口頭だけでなく文書にもあてはまります。社内文書の場合は、社内間の伝達事項を書いた書類ですので敬称は使ったほうがよいのでしょうか...

  • 閃く力と論理力?「発想」と「アイデア」の意味の違いとその使い分け方

    閃く力と論理力?「発想」と「アイデア」の意味の違いとその使い分け方

    アイディアと発想という言葉を聞いて、両者の違いが分かるという人はいるでしょうか。この言葉を使うシーンはビジネスにおいて多々あると思いますが、その違いを意識して使用している人は少ないのではないでしょうか。ここでは、この2つの言葉の違いについてご紹介していきます。アイデアと発想は往...

  • 使い分けでより効率的に!報連相をするときに理解しておくべき使い分けの方法

    使い分けでより効率的に!報連相をするときに理解しておくべき使い分けの方法

    仕事の基本として、特に新人社員は徹底して教わることになる報連相ですが、それぞれ業務における場面ごとに使い分けが必要になってきます。報連相には、それを行うことによる目的とそれ自体に意味がありますから、適時行うべき場面というものがあります。また、それが遅くなると後々仕事に支障をき...

  • プレゼンでグラフの使い分けをするポイント

    プレゼンでグラフの使い分けをするポイント

     プレゼンでグラフを利用する人は多いと思います。しかし、グラフと一言で言っても、何種類もあるためどれを利用して良いか分からなくなってしまいます。そうならないためどのグラフをどのタイミングで使うべきなのか紹介していきます。棒グラフ 棒グラフは、縦軸にデータ量をとり、棒の高さでデ...

  • 1