1. 「原稿」に関する記事

「原稿」に関する記事

U-NOTEには「原稿」に関する記事が14件掲載されています。仕事を楽しくする「原稿」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「原稿」の記事一覧 14件中1 - 14件表示中

新着順    |     人気順
  • 【プレゼン・スピーチ】1分間の文字数は何文字がベスト? プレゼンで気をつけたい「文字数」と「話し方」

    【プレゼン・スピーチ】1分間の文字数は何文字がベスト? プレゼンで気をつけたい「文字数」と「話し方」

    発表時間が決まっているプレゼンやスピーチ。1分あたりの話す量さえわかれば、最適なプレゼン原稿の文字数・長さを把握することができる。本記事ではプレゼン・スピーチの話すスピードや1分間で話すのに最適な文字数、話し方について解説したい。プレゼンにおける「ベストな話すスピード」はどれく...

  • 英語スピーチを3分できれいにまとめるための構成方法

    英語スピーチを3分できれいにまとめるための構成方法

    英語のスピーチを決められた時間内に終わらせるためには、ただ英語を話す速度をあげるのではなく、簡潔にまとめて英語で話すことが重要である。今回は英語スピーチを3分におさめる構成について紹介したい。聞き手全員にスピーチの目的や要旨を理解してもらうことを意識して、英語のスピーチを作成す...

  • 3分スピーチ・プレゼンに適切な文字数は? 3分スピーチ話術の基本はこれ!

    3分スピーチ・プレゼンに適切な文字数は? 3分スピーチ話術の基本はこれ!

    プレゼンやスピーチで最も大切なことは「相手に理解してもらう、伝えること」。しかし、プレゼンには“制限時間”があるため、限られた時間内で相手に伝えなければならない。今回は「3分」のスピーチ・プレゼンに最適な文字数や、スピーチ・プレゼンの仕方について解説したい。「3分」というスピーチ...

  • 15分間のプレゼン・スピーチに必要な文字数

    15分間のプレゼン・スピーチに必要な文字数

    「15分」でプレゼン、スピーチをする場合、どのくらいの文字数ならば時間内に収まるのだろうか?15分というプレゼン時間内に最適な文字数とプレゼンのコツをチェックして、プレゼン本番に挑もう。 本記事まとめ 15分のプレゼンの文字数の目安は、およそ原...

  • プレゼンのセリフを暗記するための3つのステップ

    プレゼンのセリフを暗記するための3つのステップ

    プレゼンテーションが完成したら、 発表用に数々のセリフを暗記せねばなりません。 でも忙しいビジネスマンの皆さんにとっては 暗記のために多くの時間を割けるわけではありません。 隙間時間に出来る、プレゼンのためのセリフ暗記の方法をご紹介します。プレゼンテーションをスムーズに行うために...

  • プレゼンで原稿を読むときに注意すること

    プレゼンで原稿を読むときに注意すること

     プレゼンテ―ション中に原稿をそのまま読み上げる人がいます。 しかし、読み上げるにあたっていくつかの注意点が挙げられます。 今回はプレゼンでの原稿の読み方について説明していこうと思います。その前にまずは、プレゼンテーションにおいて原稿を読むべきか否かということからお話していきまし...

  • 聞き手の印象を良くする!プレゼンの発表に必要な原稿を作る際のポイント

    聞き手の印象を良くする!プレゼンの発表に必要な原稿を作る際のポイント

     皆さんはプレゼンの発表の際、どんな「原稿」を作っていますか?全部アドリブでやってるから…なんて人はごく少数でしょう。プレゼンの発表は原稿によって、進行をスムーズにしたり、聞き手側からの印象を良くしたりすることができるため、非常に重要なものとなってきます。そこで今回は原稿を作成...

  • 聴衆を飽きさせない!プレゼンの原稿に適切な文字数とは?

    聴衆を飽きさせない!プレゼンの原稿に適切な文字数とは?

      プレゼンには時間の制限があります。限られた時間の中で話しをしなければなりません。1分間に話すことができる原稿の文字数は300文字から400文字と言われています。これは通常のプレゼンなどで使用する場合の判断目安となっていますが、人によっては多少違いがあります。早くしゃべれる人は多く...

  • 原稿を見ないでプレゼンを成功させる2つのコツ

    原稿を見ないでプレゼンを成功させる2つのコツ

     プレゼンに慣れない人がどうしてもやってしまうのが原稿に頼ることです。原稿を読むと姿勢が悪くなり、状況に応じた発表ができなくなります。とは言っても原稿なしでの発表は難しいという人も多いはずです。今回は原稿を読まずにプレゼンをするためにすべきことをお教えします。 原稿なしで発表...

  • プレゼンにおいて伝わりやすい原稿を作るコツ

    プレゼンにおいて伝わりやすい原稿を作るコツ

     プレゼンの準備をする上でまず台本となる原稿を作るはずです。本番では、原稿を見ないからと言って安易に作ってしまうと良いプレゼンにはなりません。相手にしっかり伝えるプレゼンをするために原稿作りは非常に重要です。では、どのようなことに注意して原稿作りをすれば良いのでしょうか。 ま...

  • プレゼンをする上で相手に伝わりやすい原稿の作り方

    プレゼンをする上で相手に伝わりやすい原稿の作り方

     プレゼンでは、どんなに素晴らしい提案内容であっても伝わらなければ意味がありません。発表する内容は、基本的に自分で作った原稿に沿っているはずです。つまり、原稿の出来がそのままプレゼンの出来に繋がります。相手に伝わりやすい原稿を作るためには、どんなことに意識すべきなのでしょうか...

  • プレゼンで失敗しないための原稿を覚える方法

    プレゼンで失敗しないための原稿を覚える方法

     プレゼンの本番といえば誰でも緊張するものです。しかし、緊張したからと言って話す内容を忘れても良いというわけではありません。原稿の内容はきちんと覚えておく必要があります。では、本番急に忘れないためにどう覚えれば良いのでしょうか。 まずは、資料を見ながら練習しましょう。この時に...

  • プレゼンがキレイに見える文字数の目安とは?

    プレゼンがキレイに見える文字数の目安とは?

     プレゼンをする時には、いくつかのパターンがありますが、文字だけで説明をする場合は、持ち時間と文字数の関係が大切となります。資料はたくさん準備していても最後までキチンと話をするためにはペース配分が大切になります。 その判断基準として1分間に200~250文字という目安がありま...

  • プレゼンのベストな話す速さはどれくらい? - 話のスピードで気を付けたいポイント

    プレゼンのベストな話す速さはどれくらい? - 話のスピードで気を付けたいポイント

     プレゼンで話すときはどれくらいの速さが良いのでしょうか?緊張して速くなりがちなプレゼンでの話す速さ。プレゼンでの話す速さについて、紹介します。 人に一番伝わりやすいのは意分間に300文字の速さで話すことです。TVやラジオのアナウンサーもこの法則を守っています。普段の会話よりは遅め...

  • 1