1. 「言葉遣い」に関する記事(2ページ)

(2ページ)

U-NOTEには「言葉遣い」に関する記事が39件掲載されています。仕事を楽しくする「言葉遣い」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「言葉遣い」に似ているキーワード

「言葉遣い」の記事一覧 39件中21 - 39件表示中

新着順    |     人気順
  • 面接本番で自然に敬語を使えるようにするための練習方法

    面接本番で自然に敬語を使えるようにするための練習方法

    就職の際の面接では、正しい敬語を自然に使えるかどうかが面接官のチェックポイントになります。特に「敬語」は若い世代、学生にとっては頭の痛い問題かもしれません。身についてしまった言葉遣いを、面接の時だけ注意して改めるのは至難の技。敬語が苦手という自覚のある人は事前にしっかり準備を...

  • 転職の面接時にマナーのある言葉遣いをする方法

    転職の面接時にマナーのある言葉遣いをする方法

     転職をする際に避けて通れないのが面接です。 ほとんどの場合が面接を行いますし、転職活動をする中で面接が一番乗り越えねばならない部分でしょう。 その反面やはり面接を苦手に思う方は多いでしょうし、何度やっても慣れないものです。 面接を受けるにあたって重要な部分は沢山ありますが、 や...

  • 上司が仕事に対しての評価してくれた時のお礼の仕方

    上司が仕事に対しての評価してくれた時のお礼の仕方

     上司に良いを評価されたら気分を害する人間はまず居ません。「この度は、多大なるご評価を頂戴し、誠に感謝しております。これからも一生懸命仕事に従事して参りますので、何卒、ご指導の程、宜しくお願い致します」 このお礼の言葉で完結しませんか?完璧だとは思いませんか? こうした言葉を言わ...

  • 相手の印象を良くするビジネスの電話での名乗り方のマナー

    相手の印象を良くするビジネスの電話での名乗り方のマナー

     電話でのビジネスマナーはきちんと知っていた方が良いでしょう。 些細な言葉の言い回しでも、間違った言葉の使い方をすると、 電話の相手は非常に違和感を感じる事があります。 電話の名乗り方においても、適切な名乗り方があります。 きちんとした電話のマナーを知っていれば、上手に使い分けす...

  • 会社訪問をする際に気を付けたい受付での対応のマナー

    会社訪問をする際に気を付けたい受付での対応のマナー

     会社訪問時にまず話すことになるのが、受付の方になりますが、この時も正しい言葉遣いを守り、わかりやすく相手に内容を伝えるようにしましょう。 伝える内容としては、会社名と自分の名前、アポイントメントの有無や目的、訪問相手の名前が挙げられます。例えば、「株式会社〇〇の△△と申します...

  • 部下が年上の場合の言葉遣いはどうすればいいの?

    部下が年上の場合の言葉遣いはどうすればいいの?

     昔のように、一度就職したらその企業で定年を迎える、というのが一般的な時代から、転職が盛んに行われる時代となった今、“年上部下”つまり、部下が年上で、その年上の部下に年下の上司である自分が仕事を教える、という場面が多くみられるようになりました。そんなときに困るのが、「仕事上では...

  • 発表の際言葉遣いで失敗しないために覚えておくべき敬語の話し方

    発表の際言葉遣いで失敗しないために覚えておくべき敬語の話し方

     発表など人前で何かを話すとなると言葉遣いも普段より丁寧にしなければなりません。普段日常会話などで話しているような方法で話すと常識がない人だと思われてしまいます。今のうちに本番使える敬語を覚えてしまいましょう。言葉遣いでせっかくの発表を台無しにしないためにもしっかり敬語を使え...

  • 「いらっしゃいますでしょうか」は正しい言葉遣い? ビジネス・電話での言葉遣いNG集

    「いらっしゃいますでしょうか」は正しい言葉遣い? ビジネス・電話での言葉遣いNG集

    「電話口、“何様ですか?”と聞く新人」。そんなサラリーマン川柳があることからもわかるように、新人ビジネスパーソンが電話口やビジネスシーンで誤った言葉遣いをしてしまうのはよくあること。そこで今回は、「ビジネス・電話での言葉遣いNG集」として新人ビジネスパーソンが間違えやすい敬語や言...

  • 来客時に部屋を無礼にならないように退出するためのマナー

    来客時に部屋を無礼にならないように退出するためのマナー

     ビジネスシーンでは、複数の人と対面するということも非常に多くあります。しかし、時には事情によって、来客がいる最中にお部屋を退室しなくてはならない場合もあるでしょう。そのような場合には、どのようにしてお部屋を退室することがマナーなのでしょうか。相手の無礼にならないように退室す...

  • ビジネスメールで返信する際に短文を送るときのマナー

    ビジネスメールで返信する際に短文を送るときのマナー

     メールを短文で返すときに気を付けたいポイントとして、「はい」「いいえ」だけでの返事は避けることが挙げられます。短文と入っても一言だけのメールでは、相手の印象も悪くなってしまうでしょう。メールを返すときは、最低でも2行から3行ほどのメールで返すようにしましょう。 よく「取り急...

  • ビジネスで電話の応対の際に付ける敬称のマナー

    ビジネスで電話の応対の際に付ける敬称のマナー

     敬称を付けなくてもよいのは自分の会社や自分の上司などを会話中に出す場合です。自社の人間や部署に敬称を付けてしまうのはマナー違反ですし、相手も違和感を受けてしまうでしょう。自分と同じ所属の人は敬称を付けないとおぼえておきましょう。 敬称を付ける人物や企業は、自分の企業に属さな...

  • ビジネスで相手に催促をしなければならない時のマナー

    ビジネスで相手に催促をしなければならない時のマナー

     ビジネスシーンでは、相手が締め切りを守らないときなど、催促をしなければならない場面も多く出てくるのではないでしょうか。ここでは、そのようなビジネスシーンで催促をしなければならない時のマナーを紹介したいと思います。 催促をする言葉がぶしつけですと、相手もなかなか期日を守ろうと...

  • 会議室や応接室を退室するときのビジネスマナー

    会議室や応接室を退室するときのビジネスマナー

     会議室や応接室などにおいて、入室するときのマナーができていても、退室するときのマナーができていないというビジネスマンの方は多いのではないでしょうか。ここでは、ビジネスシーンで退室するときのマナーを紹介したいと思います。 退室するときにドアを開けながら挨拶をしたり、挨拶をせず...

  • 夜分遅くに電話を掛ける場合のビジネスマナー

    夜分遅くに電話を掛ける場合のビジネスマナー

      ビジネスシーンでは、どうしても深夜に電話をかけなければならないときもあるでしょう。ここでは、そのような夜分遅くに電話をかける時のビジネスマナーを紹介したいと思います。 「夜分」という言葉ですが、だいたい夜の20時からを指す言葉と考えていいでしょう。20時以降の電話は夜分に...

  • 会社の電話応対における言葉遣いのマナー

    会社の電話応対における言葉遣いのマナー

     ビジネスマンであれば会社の電話応対の仕方には注意を払う必要があるのではないでしょうか。乱れた言葉遣いで会社の電話応対をしてしまうと、会社の名誉を傷つける原因にもなってしまいます。ここでは、会社の電話応対における正しい言葉遣いのマナーについて紹介したいと思います。 ですます調...

  • 上司にミスについて謝るときの言葉の使い方

    上司にミスについて謝るときの言葉の使い方

     ミスをしてしまった時に上司に上手く謝る事ができず、火に油を注いでしまったという方も多いのではないでしょうか。謝罪をするときは言葉の使い方を考え、反省の色が見える謝り方をしなければなりません。ここでは、上司に謝るときの言葉の使い方を紹介したいと思います。 上司に謝るときに使っ...

  • 上司に向けて挨拶するときに注意したいこと

    上司に向けて挨拶するときに注意したいこと

     上司とのコミュニケーションをより円滑にするためには、日頃の挨拶から取り組む必要があるでしょう。しかし、上司への挨拶の仕方では、普段なかなか気にかけない部分が失礼に当たる場合があります。ここでは、上司に対してする挨拶での注意点を紹介したいと思います。 萎縮してしまうから、気ま...

  • 最後にキメるプレゼンをするために - 締めの言葉の選び方

    最後にキメるプレゼンをするために - 締めの言葉の選び方

     ”導入部もばっちり、中盤で伝えたい内容もバシッときまった。そろそろ終盤にさしかかり締めの言葉を言わなくてはいけない。さあ、どうしよう。”     終わりよければ全て良しではありませんが、プレゼンの締め方というのはそのプレゼンの出来を左右する程重要な役割を持ちます。最後の最...

    • |
    • 2014.01.13
  • 会社の人に弔電を送る時のマナーやタブー

    会社の人に弔電を送る時のマナーやタブー

     もし身内に不幸があった場合、通夜・葬式の準備、出席等のため、所属している会社に忌引き休暇を出さなければなりません。大抵の会社では故人との続柄によって数日間の慶弔休暇をもらうことができるはずです。 福利厚生の一環として、こちらがお願いしなくても会社からという形で弔電を打つこと...