1. 「弔電」に関する記事

「弔電」に関する記事

U-NOTEには「弔電」に関する記事が5件掲載されています。仕事を楽しくする「弔電」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「弔電」の記事一覧 5件中1 - 5件表示中

新着順    |     人気順
  • 慣れない電報で戸惑っていませんか?弔電をうつ時の基本的なマナー

    慣れない電報で戸惑っていませんか?弔電をうつ時の基本的なマナー

    個人で弔電を打つことはあまりないかもしれませんが、ビジネスでは「弔電」を用いる場合も多くあります。いつ必要になるかわかりませんので基本のマナーをしっかりおさえておきましょう。弔電の依頼をする前に事前に準備をしておくことが必要です。葬式の日時や送り先の住所、送り主の表記はどうす...

  • あなたの求めるパターンがここにある!ケース別に見る電報の文例

    あなたの求めるパターンがここにある!ケース別に見る電報の文例

    今は日常生活で電報を打つ機会はかなり限られているといっていいでしょう。プライベートではせいぜい、友人の結婚式に出席できない場合に祝電を打つぐらいのもので、おそらく多くの人が電報を打った経験がないという人は多くいるでしょう。しかし、ビジネスシーンでは意外に電報を送る機会が意外と...

  • 【弔電のマナー】これだけは知っておきたい!上司の家族に

    【弔電のマナー】これだけは知っておきたい!上司の家族に"不幸"があった場合の基礎知識

    職場の上司の家族に不幸があった際に、弔電を打つことがあります。逆に、自分の家族の不幸に際して、上司から弔電を送られることもあるでしょう。冠婚葬祭の中でも、特に葬儀はマナー違反や間違いは許されません。そこで、上司に弔電を打つ際の注意点とその文例、さらに、上司から弔電を送られた時...

  • 取引先の葬儀へ送る弔電のマナーと送る文例

    取引先の葬儀へ送る弔電のマナーと送る文例

     仕事の取引先、特に大切なお得意先などの訃報に触れたら、なにはさておき弔電を打つのが、本来のありかたです。 ただ、現在では弔電を省略するケースが少なくないかもしれません。  けれども、弔問には行くにしても、先に弔電を打っておくのが、より好ましい弔意の表し方と言っていいでしょう。...

  • 会社の人に弔電を送る時のマナーやタブー

    会社の人に弔電を送る時のマナーやタブー

     もし身内に不幸があった場合、通夜・葬式の準備、出席等のため、所属している会社に忌引き休暇を出さなければなりません。大抵の会社では故人との続柄によって数日間の慶弔休暇をもらうことができるはずです。 福利厚生の一環として、こちらがお願いしなくても会社からという形で弔電を打つこと...

  • 1