1. 「引き継ぎ」に関する記事(3ページ)

(3ページ)

U-NOTEには「引き継ぎ」に関する記事が49件掲載されています。仕事を楽しくする「引き継ぎ」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「引き継ぎ」の記事一覧 49件中41 - 49件表示中

新着順    |     人気順
  • 最初が肝心!営業で顧客を引き継ぐときの資料作成法と実際の引き継ぎ方

    最初が肝心!営業で顧客を引き継ぐときの資料作成法と実際の引き継ぎ方

     営業マンにとって顧客を引き継ぐというのは、なかなか難しい仕事です。というのも顧客は必ず、あなたと前任者を比較するからです。第一印象と、その後の対応の仕方によって、かなり早い時期に「前任者より良い、良くない」という評価を決めてしまいがちです。顧客と上手く関係を築くためには。円...

  • ノルマが達成できない営業マンを解雇する前に確認しておきたい注意点

    ノルマが達成できない営業マンを解雇する前に確認しておきたい注意点

     営業の中にはノルマを達成できない社員が、どうしても一定数出てきてしまいます。成績が出ないとなると会社側としては、別の人を雇って成績のでない社員を解雇しないといけないという選択肢が出てくるのは当然だと思います。しかし、解雇をすると言ってもすぐに解雇をしてしまおうとすれば、後々...

  • 良い評価を残す!異動時に心がけたい、職場への対応のマナー

    良い評価を残す!異動時に心がけたい、職場への対応のマナー

      4月はビジネスにおける新年度の始まりです。新年度の始まりに合わせて、多くの人事異動が発生します。あなたが異動となった場合、職場の上司・同僚に対して対応すべきマナーがあります。このマナーを守らなければ、あなたの異動後、職場のみなさんに迷惑をかけるだけでなく、あなた自身の評価...

  • 退職・異動時に必須となる、業務の引き継ぎをメールで行う時のマナー

    退職・異動時に必須となる、業務の引き継ぎをメールで行う時のマナー

      異動・退職時には、業務の引き継ぎを行うことが、ビジネスパーソンとして最低限のマナーです。 業務の引き継ぎが不十分であれば、新しい担当者に迷惑をかけるだけでなく、前任者として義務を果たさなかったあなたの責任を問われます。 マナーを守って、業務の引き継ぎを行いましょう。 ここで...

  • 取引先を困らせない!仕事の引き継ぎを行う際のメールのマナー

    取引先を困らせない!仕事の引き継ぎを行う際のメールのマナー

     最近では、終身雇用も少なくなり転職活動を積極手に行う若者も増えてきました。また、多くの職場では、人事異動も頻繁に発生し担当する業務が変わることも珍しくありません。そこで今回は、「業務の引き継ぎを行う時のメールのマナー」についてお話させて頂きます。いざ、仕事を引き継ぐとなると...

  • 【顧客との関係を維持する】営業マンが訪問担当地域を引き継ぐ際の注意点

    【顧客との関係を維持する】営業マンが訪問担当地域を引き継ぐ際の注意点

     昇格・転勤・転属・退職などにより、営業マンの訪問担当地域が変わることはよくあります。担当地域が変わる際は、顧客との関係を壊さないようしっかりと維持させるための引き継ぎが大変重要となってきます。ここでは、営業マンが訪問担当地域を引き継ぐ際の注意点をポイントごとにまとめてみたい...

  • 営業を引き継いだときの挨拶メールで意識しておきたい2つのこと

    営業を引き継いだときの挨拶メールで意識しておきたい2つのこと

     引き継ぎの挨拶メールは失礼のないようしっかりと送っておく必要があります。特に営業の引き継ぎでは人物に惹かれて商品を購入した取引先である可能性もあるので特に注意が必要です。では、どのような点を意識しておけばよいのでしょうか。 引き継ぐことになった理由を序文で簡単に説明しておき...

  • 【取引先も困らない!】営業担当の引き継ぎを簡単にする退職メールの送り方

    【取引先も困らない!】営業担当の引き継ぎを簡単にする退職メールの送り方

     営業職の方の中にはスキルアップ、もしくは給与アップを見込んで転職される方や一身上の都合で退職する方等様々だと思います。しかし退職の際には必ず取引先に自身が退職することをお伝えしなければなりません。ですが、どのようにお客様先に退職する旨のメールを送った方が良いのか、またこの文...

  • 退職を決めた営業マンが引き継ぎを円滑に進めていくポイント

    退職を決めた営業マンが引き継ぎを円滑に進めていくポイント

     退職を決意した営業が最後に行う大きな仕事として、後任への引き継ぎがあります。引き継ぎは、企業にとっても今後の業績をそのまま維持できるか、クライアントの信頼を落として失墜してしまうかのターニングポイントになると言ってもよいほど責任ある業務です。ここでは営業が担当していたクライ...