1. 「引き継ぎ」に関する記事(2ページ)

(2ページ)

U-NOTEには「引き継ぎ」に関する記事が39件掲載されています。仕事を楽しくする「引き継ぎ」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「引き継ぎ」の記事一覧 39件中21 - 39件表示中

新着順    |     人気順
  • 新入社員に業務の引き継ぎを行うときの「3つの注意点」

    新入社員に業務の引き継ぎを行うときの「3つの注意点」

    転職や退職でそのセクションの仕事を離れる場合、自分が受け持ってきた仕事を、後任者に引き継ぎする必要があります。同じセクションの人に引き継ぎをするのは、比較的容易でしょう。しかし、そのセクションでの経験のない人に、自分の仕事を理解してもらうのは簡単なことではありません。場合によ...

  • 引き継ぎをスムーズに行なうために役に立つマニュアルの作り方

    引き継ぎをスムーズに行なうために役に立つマニュアルの作り方

    はじめに、受け持っている全ての業務の洗い出しをします。あらかじめ社内の業務分掌表などで定められている時は、それに従って洗い出しをしていくことをおすすめします。現在引き受けている仕事、もしくは文章上にあるが現在は発生していない仕事がある場合もあります。とりあえず箇条書きのメモで...

  • 仕事を他人に引き継ぐ時に覚えておきたい工夫とその方法

    仕事を他人に引き継ぐ時に覚えておきたい工夫とその方法

    春が近づくと組織の体系も変わり、様々な面で新しい組織になっていくことでしょう。突然の異動宣告に戸惑うこともあるかと思いますが、そんな間も無く必要となってくるのが、業務の引継ぎです。特に中小企業で多いのが、業務が属人化していることです。「○○さんじゃなきゃできない仕事」を引継ぎす...

  • 上司への「引き継ぎ完了報告」の方法【大切なのは客観的評価報告と資料提出】

    上司への「引き継ぎ完了報告」の方法【大切なのは客観的評価報告と資料提出】

    社内異動や退職が決まったとき、後任者への仕事の引き継ぎをしなくてはなりません。立つ鳥跡を濁さずと言いますが、仕事の引き継ぎがきちんと出来ていないと、自分がいなくなった後の職場が大変迷惑します。可能な限り丁寧に引き継ぎをして、完了したらそれを上司に報告しましょう。上司にとっても...

  • 仕事の引き継ぎを効率的に行うためのノートの作り方【3種類のテクニック】

    仕事の引き継ぎを効率的に行うためのノートの作り方【3種類のテクニック】

    仕事の引き継ぎはできるだけ短時間で、効率的に行いたいものです。いつまでも引き継ぎができないでいると後任者が困るだけでなく、場合によっては異動・退職後にも自分が労力と時間をとられることになりかねません。効率的な引き継ぎをするためには、仕事のマニュアルノートを作るのが有効です。ノ...

  • 技術職における引き継ぎ作業の時に覚えておきたい大切なこと

    技術職における引き継ぎ作業の時に覚えておきたい大切なこと

    技術職の引き継ぎの際は、資料は概要版と詳細版を分け、概要版を出来るだけ多くの人の前でプレゼンすることが重要となります。概要版は目次的な意味を強く持たせ、詳細版は仕事というより専門技術ごとに分割すると良いです。面倒な作業ではありますが、引き継ぎの失敗は会社にとって大きな損害にな...

  • 効率良く作業の引継ぎを指導する時の教え方のポイント

    効率良く作業の引継ぎを指導する時の教え方のポイント

    引継ぎ時の業務の教え方は、普通に指導するよりも難しいものです。
何故なら、元の業務の担当者が付きっ切りで業務を教えることができないからです。部署が変わる、転勤する、転職するなど様々な場面で業務の引継ぎはあります。多くの場面で、業務を引き継いだ時には元の担当者はいません。そのため...

  • 現在進行形の仕事を途中で後任者に渡す時の引き継ぎ方のコツ

    現在進行形の仕事を途中で後任者に渡す時の引き継ぎ方のコツ

    仕事の引継ぎには優先順位が必ずあります。たとえば半年先に予定されている会議やレセプションというような仕事については、急いで引き継ぐ必要はありません。後から電話やメールで説明しても十分間に合うでしょう。しかし中には喫緊の仕事、すぐに引き継ぎを行わなければならないものもあります。...

  • どうやって新入社員へ仕事の引き継ぎを行えばいいか? —— 3段階に分けて説明する引き継ぎの手順

    どうやって新入社員へ仕事の引き継ぎを行えばいいか? —— 3段階に分けて説明する引き継ぎの手順

    新入社員が自分の所属する部署へ配属されることになり、同じタイミングもしくは半年後ぐらいに自分が異動になるということはよくあります。そうでなくても仕事の引き継ぎというのはなかなか難しいのに、相手が新入社員ではどうやって教えたらいいのか、その手順に困ってしまうこともあるでしょう。...

  • 仕事の引き継ぎを失敗させない方法【2種類の資料と注意ポイント】

    仕事の引き継ぎを失敗させない方法【2種類の資料と注意ポイント】

    仕事の種類にもよると思いますが、後任者へ自分が受け持っていた仕事の全てをきれいに引き継ぐというのは、かなり難易度の高い業務と言っていいでしょう。そのため、失敗してしまうケースも多く見受けられます。引き継ぎに失敗してしまうと、部署内のその後の業務遂行の障害になりますし、場合によ...

  • 仕事の引き継ぎ内容を覚えられない時の2つの対処方法

    仕事の引き継ぎ内容を覚えられない時の2つの対処方法

    未経験の仕事を引き継ぐとき、「説明された仕事内容をなかなか覚えられない…」というのは、あなたの能力が劣っている訳ではありません。むしろ普通のことです。まずはそう考えて、焦ったり前任者に遠慮したりすることがないようにしましょう。少しずつ、1つずつ覚えていけばいいのです。ただし、実...

  • 引継ぎの際のわかりやすい説明方法 ——「大→小」の流れに即したマニュアル資料作成

    引継ぎの際のわかりやすい説明方法 ——「大→小」の流れに即したマニュアル資料作成

    退職や異動で今のセクションを離れるとき、後任者との仕事の引継ぎが必要になってきます。引継ぎをスムーズに行うことは後任者だけではなく、仕事に関係するすべての人のためでもあると言えるでしょう。そして、それは「自分のため」にもなるのです。異動の場合は、違うセクションに移って自分も新...

  • 最初が肝心!営業で顧客を引き継ぐときの資料作成法と実際の引き継ぎ方

    最初が肝心!営業で顧客を引き継ぐときの資料作成法と実際の引き継ぎ方

     営業マンにとって顧客を引き継ぐというのは、なかなか難しい仕事です。というのも顧客は必ず、あなたと前任者を比較するからです。第一印象と、その後の対応の仕方によって、かなり早い時期に「前任者より良い、良くない」という評価を決めてしまいがちです。顧客と上手く関係を築くためには。円...

  • ノルマが達成できない営業マンを解雇する前に確認しておきたい注意点

    ノルマが達成できない営業マンを解雇する前に確認しておきたい注意点

     営業の中にはノルマを達成できない社員が、どうしても一定数出てきてしまいます。成績が出ないとなると会社側としては、別の人を雇って成績のでない社員を解雇しないといけないという選択肢が出てくるのは当然だと思います。しかし、解雇をすると言ってもすぐに解雇をしてしまおうとすれば、後々...

  • 良い評価を残す!異動時に心がけたい、職場への対応のマナー

    良い評価を残す!異動時に心がけたい、職場への対応のマナー

      4月はビジネスにおける新年度の始まりです。新年度の始まりに合わせて、多くの人事異動が発生します。あなたが異動となった場合、職場の上司・同僚に対して対応すべきマナーがあります。このマナーを守らなければ、あなたの異動後、職場のみなさんに迷惑をかけるだけでなく、あなた自身の評価...

  • 退職・異動時に必須となる、業務の引き継ぎをメールで行う時のマナー

    退職・異動時に必須となる、業務の引き継ぎをメールで行う時のマナー

      異動・退職時には、業務の引き継ぎを行うことが、ビジネスパーソンとして最低限のマナーです。 業務の引き継ぎが不十分であれば、新しい担当者に迷惑をかけるだけでなく、前任者として義務を果たさなかったあなたの責任を問われます。 マナーを守って、業務の引き継ぎを行いましょう。 ここで...

  • 【顧客との関係を維持する】営業マンが訪問担当地域を引き継ぐ際の注意点

    【顧客との関係を維持する】営業マンが訪問担当地域を引き継ぐ際の注意点

     昇格・転勤・転属・退職などにより、営業マンの訪問担当地域が変わることはよくあります。担当地域が変わる際は、顧客との関係を壊さないようしっかりと維持させるための引き継ぎが大変重要となってきます。ここでは、営業マンが訪問担当地域を引き継ぐ際の注意点をポイントごとにまとめてみたい...

  • 営業を引き継いだときの挨拶メールで意識しておきたい2つのこと

    営業を引き継いだときの挨拶メールで意識しておきたい2つのこと

     引き継ぎの挨拶メールは失礼のないようしっかりと送っておく必要があります。特に営業の引き継ぎでは人物に惹かれて商品を購入した取引先である可能性もあるので特に注意が必要です。では、どのような点を意識しておけばよいのでしょうか。 引き継ぐことになった理由を序文で簡単に説明しておき...

  • 退職を決めた営業マンが引き継ぎを円滑に進めていくポイント

    退職を決めた営業マンが引き継ぎを円滑に進めていくポイント

     退職を決意した営業が最後に行う大きな仕事として、後任への引き継ぎがあります。引き継ぎは、企業にとっても今後の業績をそのまま維持できるか、クライアントの信頼を落として失墜してしまうかのターニングポイントになると言ってもよいほど責任ある業務です。ここでは営業が担当していたクライ...