1. 「メールマナー」に関する記事(7ページ)

(7ページ)

U-NOTEには「メールマナー」に関する記事が166件掲載されています。仕事を楽しくする「メールマナー」に関する情報はU-NOTEで見ることができます。

「メールマナー」に似ているキーワード

「メールマナー」の記事一覧 166件中121 - 140件表示中

新着順    |     人気順
  • ビジネスメールを書く際に気を付けたい適切な行数の長さのマナー

    ビジネスメールを書く際に気を付けたい適切な行数の長さのマナー

     メールの適切な行数ですが、10行から20行程度が調度良いでしょう。短い行数ですと、相手に心がこもっていないと思われてしまいますし、長すぎるとよむ気がなくなってしまいます。 最近のビジネスメールですと、20行でも長過ぎるという声を聞くことがあります。これは、パソコンからではな...

  • ビジネスメールの本文で句読点を付ける時に気を付けたいマナー

    ビジネスメールの本文で句読点を付ける時に気を付けたいマナー

     句読点を付けずにメールの本文を打ってしまうケースがありますが、読む方はとても読みにくい文章になってしまいます。句読点を付けることを意識して文章を書くようにしましょう。 また、句読点が多すぎるメールですが、これはこれで読みにくくなってしまいます。この場合は句読点を減らすことを...

  • 飲み会を欠席した時に使いたい!招待メールに対する失礼ない返信の仕方

    飲み会を欠席した時に使いたい!招待メールに対する失礼ない返信の仕方

     会社に勤務されている方であればどなたでも、本社が開催する飲み会や社外で行う懇親会と言う名の飲み会に参加されるかと思います。しかし、飲み会自体にそこまで参加したくない、もしくは参加する暇が無いほど仕事が立て込んでいて参加したくともできないと言った方までいらっしゃると感じます。...

  • 打ち合わせや会議などの約束を取り付けるときのメールのマナー

    打ち合わせや会議などの約束を取り付けるときのメールのマナー

     まず約束をする場合ですが、日時を決定するところから始めるべきです。「2月の○日から△日の間で開いている日程はあるでしょうか」というように、相手が選ぶような方式にしましょう。 「〇〇を決定するための会議」というように、目的をはっきりさせるのも、ビジネスメールで約束を取り付けると...

  • 確実に読んでもらいたいビジネスメールで標題を付けるときのマナー

    確実に読んでもらいたいビジネスメールで標題を付けるときのマナー

     標題の文字数が長いとそれだけでメールを読もうという気がなくなってしまいますし、途切れてしまって大事な用件が伝わらない可能性があります。標題を付けるときは、一番長くても20文字程度に収めるように心がけると、相手がタイトルからメールを呼んでくれる可能性も高まるでしょう。 用件が...

  • ビジネスシーンで使える、相手を納得させるためのお断りメールのマナー

    ビジネスシーンで使える、相手を納得させるためのお断りメールのマナー

     誘いやオファーなどを断るメールを出すことは、ビジネスではよくあることなのではないでしょうか。ここでは、ビジネスシーンにおけるお断りメールの書き方に関するマナーを紹介したいと思います 理由を「人出が足りないから」「時間がないから」という理由にしてしまっては、断るメールとして説...

  • 【例文】飲み会を欠席する場合は? 知っておくべき欠席メールの書き方

    【例文】飲み会を欠席する場合は? 知っておくべき欠席メールの書き方

    社会人のコミュニケーションに付き物である「飲み会」。とはいえ、体調不良や他の予定、仕事の都合などで折り合いがつかずに、飲み会を欠席しなければいけないこともあるだろう。そこで今回は、角の立たない飲み会の欠席メールの書き方について例文を交えて紹介したい。 飲み会を欠席する場合には、...

  • 会社で開催される飲み会を欠席する場合のメールの文例

    会社で開催される飲み会を欠席する場合のメールの文例

     会社の定期的な飲み会でしたり、週の始めになって急に金曜日に飲み会を開催すると言って開催される飲み会があると思います。会社の定期的な飲み会は仕方がなく参加しますが、できれば避けたいのが急に入った飲み会です。新人であれば親睦を深める絶好の機会ですが、数年もいると別段どうでもよく...

  • 良い返事を引き出せる!メールでの上手な飲み会の誘い方

    良い返事を引き出せる!メールでの上手な飲み会の誘い方

     皆様の中には同期で飲み会を行ったり、歳の近い方々が集まって飲み会を開催されたりすることがあるかと思います。または上司が気を利かせてくれて部下を飲み会に誘うこともあります。しかし多くの方が飲み会に対してマイナスなイメージを持っているのか、例え同期や歳の近い方々でも断ったり、上...

  • 会社で開催する「飲み会」の出欠に関する連絡がない人に対する催促の仕方

    会社で開催する「飲み会」の出欠に関する連絡がない人に対する催促の仕方

     同期での飲み会や急に開催されるような飲み会では出欠の確認等の細かい行動はとらないと思いますが、会社全体の飲み会であると必ず出欠から場所の確保までありとあらゆる細かいことが必要になってきます。そのため幹事や幹事の補佐になった時には集金やどなたが参加するのかまで確認をとらなけれ...

  • ビジネスメールで気を付けたい、文字の使い方のマナー

    ビジネスメールで気を付けたい、文字の使い方のマナー

     パソコンの環境によっては表示できない文字があり、機種依存文字と言います。例えば、ローマ数字などは、Windowsでは表示出来ますが、Macのパソコンでは表示することが出来ません。このような文字は使わないようにしましょう。 半角のカタカナや記号を利用すると、文章がそこから文字化けしてし...

  • ビジネスメールに適したメールの形式のマナー

    ビジネスメールに適したメールの形式のマナー

     メールの形式では、主に「テキスト形式」と呼ばれる形式と、「HTML形式」という形式があります。テキスト形式は文字のみの表示が可能ですが、HTML形式ですと、メールの文中に画像を差し込んだり、テキストに装飾を付けることができます。 ビジネスメールでは、余計な飾り付けや、画像をメール内...

  • ビジネスメールで配慮したい、調度良い文字数の多さのマナー

    ビジネスメールで配慮したい、調度良い文字数の多さのマナー

     メール一通でも適切な文字数としては、だいたい600文字以内がメールを集中して読む限界と言われています。それ以上長くなってしまう場合は、何個かに分けてメールを送ると良いでしょう。 一行に書くべき文字数としては、30文字から35文字が適切と言われています。これは、読みやすいとい...

  • ビジネスメールで添付ファイルを送るときのマナー

    ビジネスメールで添付ファイルを送るときのマナー

     ビジネスメールに添付ファイルを送るときにまずマナーとして確認したいのげ、添付ファイルの容量とタイトルです。容量は相手の回線やメーラーの都合も考え、4MBまでに抑える必要があるでしょう。また、添付ファイルのタイトルという観点では、相手にどのようなファイルかわかりやすいタイトル...

  • ビジネスメールを書く際の改行のマナー

    ビジネスメールを書く際の改行のマナー

     改行を入れるタイミングとしては、文字数が30文字を超えてきた当たりが適切かと思われます。長い文章になる場合はこのぐらいをめどに改行を行って下さい。また、逆に改行が多すぎるのも見にくいメールの原因となりますので、無駄な改行はしないようにしましょう。 メールで行間を開けるべき場...

  • 相手をイラッとさせない催促とは? 「リマインドメール」の件名と例文・書き方

    相手をイラッとさせない催促とは? 「リマインドメール」の件名と例文・書き方

    資料の提出期日や案件の返答に関してなど、様々なスケジュール確認の際に用いられるのがリマインドメール(リマインダー)だが、マナーに沿ったリマインドメールの件名や本文の書き方をすることはなかなか難しい。催促することを丁寧に言わなければいけないからである。 ビジネスでリマインドメ...

  • ビジネスメールでの「追伸」に関するマナー

    ビジネスメールでの「追伸」に関するマナー

     ビジネスメールのマナーとして、原則的に「追伸」と言って書き足しを行うことはマナー違反になります。ビジネスメールは用件を手短にわかりやすく伝える目的が有りますので、追伸という風に書いて余計なものが加わると相手も内容に集中できなくなってしまいます。 用件が他にもあると書いている...

  • ビジネスメールの内容に誤りが合った時の訂正の仕方のマナー

    ビジネスメールの内容に誤りが合った時の訂正の仕方のマナー

     ビジネスメールで内容に誤りがあった場合は、まず、序文できちんと謝罪するようにしましょう。「先ほどの〇〇の部分に誤りがありました。大変申し訳ありません」というように書くことで、誤りがあることを伝え、謝罪の姿勢を相手に見せることができます。 誤っている箇所をわかりやすく示すのも...

  • メールで送信された文章を引用する時のマナー

    メールで送信された文章を引用する時のマナー

     よくメールは全文引用し、自分のメールの最後に載せておくべきだというマナーがあると思われがちですが、これは正しくありません。メールサービスには返信する時に引用文を後ろに付ける機能があるものがあり、その機能がマナーと勘違いされて広まったものと考えられます。メールを送るときは、全...

  • ビジネスメールで美しく見栄えの良い数字の表記をするためのマナー

    ビジネスメールで美しく見栄えの良い数字の表記をするためのマナー

     ビジネスメールでの数字の書き方ですが、半角や全角にとくに制限はありません。しかし、見やすいメールを送るという観点で見ると、マナーの良いメールの数字の書き方は存在するといえるのではないでしょうか。また、半角と全角を同じ数字の中に並べるのはマナー違反となるので注意しましょう。 ...