1. 池上彰の名講義が一冊に集約「武器になる!世界の時事問題」が3月20日に発売

池上彰の名講義が一冊に集約「武器になる!世界の時事問題」が3月20日に発売

株式会社大和書房は3月20日、池上彰 著「武器になる!世界の時事問題  背景がわかればニュースがわかる」を発売した。

池上彰の名講義が一冊に集約「武器になる!世界の時事問題」が3月20日に発売 1番目の画像

"少し前の歴史"を知り一生モノの教養を身につける

アメリカ大統領選挙や中国に端を発した新型コロナウィルスなど、現代は他国で起きたできごとが自分の生活に直結する混迷の時代でもある。

分かりやすい解説で人気のジャーナリスト、池上彰氏が2019年夏、関西学院大学の「国連・外交プログラム」で集中講義を行った。

「世界のあちこちで勃発している事件や問題を理解するための近道は、その国の"少し前の歴史"を知ることだ。」と池上氏は言う。

池上氏ならではの分かりやすい講義と、意欲溢れる学生との質疑応答の様子をそのままに、関西学院大学での集中講義を書籍化した。

背景を知れば複雑な時事問題やニュースも理解できる

●トランプは再選なるか?

●中国はどこへ向かうのか?

●イギリスはなぜEUを離脱したのか?

●日米関係の今後と沖縄問題は?

本書では、このような疑問にズバリと回答している。

世界のあちこちで起きている時事問題を読み解き、真の国際教養を身につけたい人に最適な書籍だ。

「武器になる!世界の時事問題」概要

本書の「はじめに」では、単刀直入にこう述べられている。

「2020年初頭の新型コロナウィルスによる肺炎は、情報統制が行われた結果、感染者が拡大した。過去においても、共産党にとって都合の悪い情報は隠蔽されてきた。情報が隠蔽されると、過去の失敗から学ぶことができないことがよく分かる。」

ストレートな指摘と解説で、時事問題の背景がすっきりと理解できる1冊となっている。

「武器になる!世界の時事問題」書籍概要

単行本: 288ページ

出版社: 大和書房

発売日: 2020年3月20日

公式サイト:「武器になる!世界の時事問題  背景がわかればニュースがわかる

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する