1. 普通のサラリーマンが余計なリスクを取らずに起業するノウハウとは?書籍「新しい起業のかたち」が発刊

普通のサラリーマンが余計なリスクを取らずに起業するノウハウとは?書籍「新しい起業のかたち」が発刊

株式会社エムディエヌコーポレーションは、書籍「資金ない、人脈ない、アイデアないの3ない状態でも起業できる!会社にいながら起業して月100万円稼ぐ 新しい起業のかたち」を3月18日に発売した。

「誰もが自由で、好奇心あふれる生き方ができる世界を創る」をミッションに掲げる株式会社シナジーブレイン代表の安田修氏による、起業に必要なノウハウを詰め込んだ一冊だ。

普通のサラリーマンが余計なリスクを取らずに起業するノウハウとは?書籍「新しい起業のかたち」が発刊 1番目の画像

スモールビジネスを成功させるノウハウ

特別なスキルや人脈、商品などを持っていないと自分で思っている普通のサラリーマンが、対人サービスを前提としたスモールビジネスを、いきなり会社を辞めるなどの余計なリスクを取らずに着実に成功させるためのノウハウを紹介。

楽して儲かる方法ではなくシンプルで地道な方法だが、書かれた内容に従って実験を繰り返していけば、自分にあったやり方が必ず見つかるはずだという。

第1章 なぜいま起業なのか
第2章 起業に必要な「考え方」
第3章 商品・サービスを開発する
第4章 セミナーを開催する
第5章 集客とセールス
第6章 オンラインサロンを持つ
第7章 情報発信を続ける
第8章 一生稼げる次のステップ

「ひよこ喰い」に合わないように

著者は「ひよこ喰い」の被害をなくしたいという思いから同書を書いたという。

ひよこ喰いとは、起業の世界に飛び込んだばかりの知識も経験も乏しい人をパクッと食べてしまう詐欺まがいの業者のこと。起業の不安につけ込んで耳触りの良い言葉で近寄ってきては、起業を志す人の貯金や退職金を奪っていくそうだ。

この実態を目の当たりにし、せっかく最初の一歩を踏み出した人がこのような被害にあってしまっては自らのミッションを達成することもできないと考え、起業塾や書籍などを通して起業に必要な考え方を伝えるようになったという。

普通のサラリーマンが余計なリスクを取らずに起業するノウハウとは?書籍「新しい起業のかたち」が発刊 2番目の画像

やるべきことを地道にしっかりと

著者は、起業は決して楽して簡単に儲かるものではないとして、「青い鳥を探すのはやめて、頭を使って、やるべきことはしっかりやろう」とコメントしている。

今の会社に務めたままで、そこで頑張った経験を活かしながら少しずつ前へ。

起業してみたいけれど何をしたらいいのか分からない人、着実・確実にお金を稼ぎたい人にお薦めの一冊だという。

【書籍情報】
・著者:安田修
・仕様:四六判/208ページ
・定価:1500円(税抜)
・ISBN:978-4-8443-6979-0

出典元:MdN BOOKSホームページ

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する