1. アメリカで働きながら語学留学、米国政府公認「オペア留学」の説明会が開催!報酬は1週間あたり約200ドル

アメリカで働きながら語学留学、米国政府公認「オペア留学」の説明会が開催!報酬は1週間あたり約200ドル

株式会社エクシオジャパンが運営するオペアライフ by B.I.Cは、アメリカで働きながら語学留学が叶う「オペア留学」の説明会を全国6都市(東京・仙台・横浜・名古屋・大阪・福岡)にて3月28日(土)に開催する。

アメリカで働きながら語学留学、米国政府公認「オペア留学」の説明会が開催!報酬は1週間あたり約200ドル 1番目の画像

ベビーシッターとして働きながら滞在

「オペア(Au Pair)プログラム」は、海外の一般家庭にホームステイし、ベビーシッターとして給料をもらいながら語学留学などを行う、アメリカ政府公認の留学プログラム。

最長2年間、ベビーシッターとして働きながらアメリカに滞在することが可能となる。

アメリカへ留学してみたい人、子どものお世話に興味がある・好きな人、将来英語を話せる先生になりたい人などにぴったりのプログラムだという。

参加費用は25万円、報酬は月約8万円

参加費用は25万円。飛行機代・渡米後の研修代・ホストファミリー宅での3食の食事代金等も含まれている。

ベビーシッターとして貰える報酬は、1週間あたり約200ドル。毎月約8万円貰える計算だ。

アメリカで働きながら語学留学、米国政府公認「オペア留学」の説明会が開催!報酬は1週間あたり約200ドル 2番目の画像

参加条件は18~26歳以下など

参加条件は、高卒以上の学歴を持つ18~26歳以下の未婚の男女。犯罪歴がある人や喫煙者は参加できない。

また、基本的な英語力(意思疎通がはかれる程度)と保育経験(2歳以下の保育を最低200時間以上)、運転免許が必要となる。保育経験がない人には、同社がボランティア先の紹介を行っているそうだ。

アメリカで働きながら語学留学、米国政府公認「オペア留学」の説明会が開催!報酬は1週間あたり約200ドル 3番目の画像

3月中の申し込みに限り参加費用が3万円引きになり、22万円で渡米可能になるという。

【オペア留学説明会】
・日時:2020年3月28日(土)10時30分~12時
・開催都市:東京・仙台・横浜・名古屋・大阪・福岡
・参加費:無料
※詳細は同社プレスリリースWebサイトにて見ることができる

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する