1. IT講師人材を育成するためのオンライン教育コンテンツ「SchooMyLEADERS」がリリース

IT講師人材を育成するためのオンライン教育コンテンツ「SchooMyLEADERS」がリリース

株式会社ライカーズアカデミアは2月23日、ITを活用した学びにおける講師の育成を目的としたオンライン教育コンテンツ「SchooMyLEADERS」をリリースした。

このコンテンツは、同社が展開するプログラミングを学ぶためのキット「スクーミー」を活用したもの。行政や企業向けにIT人材の育成を行うメニュー、塾やコワーキングスペースなどを対象とし様々な要望に合わせたカリキュラムを提供するメニュー、そして、家族が一緒に学べる家族向けメニューの3種類を展開するという。

レベル・要望に合わせた受講カスタマイズも可能

同コンテンツでは、プログラミングやアプリ開発のための基礎技術、およびHP作成方法やデザインなどに関する知識を習得することができるという。

また、問題を発見し解決していくまでの流れを実戦形式で学ぶことができるほか、講師として講座を進めていくうえでの「教える姿勢」や、ファシリテーションなどにも触れることで、プロジェクトマネジメントができる人材の育成も目指す。

具体的には、「SchooMyLEADERS」を通じてプログラミングを学習し、問題発見と解決方法を学んだ後、同社が運営するワークショップでのサポート講師経験を経て、最終的には学習者が自らワークショップイベントを企画し実践するという流れが基本となっている。

プログラムの所有時間は1コマ50分。1カ月間に3回まで受けることができ、レベルに合わせた受講のカスタマイズも可能だ。

同コンテンツで学んだ人材は、プログラミング講座の開設や、講師依頼の引き受けなどが可能になる。

IT講師人材を育成するためのオンライン教育コンテンツ「SchooMyLEADERS」がリリース 1番目の画像

IT講師不足の解消に向けて

同社は「スクーミー」と呼ばれる、プログラミングを学びながら身の回りの困ったことを解決するためのものづくりができるキットを提供するサービスを展開している。これまで、「スクーミー」を活用したプログラミングイベントの開催や、学校などと連携した教育プログラムの実践など、様々な活用実績がある。

IT講師人材を育成するためのオンライン教育コンテンツ「SchooMyLEADERS」がリリース 2番目の画像

今回は、各地域におけるIT講師の不足問題を受け、ITを活用した学びのサポートや講師、およびプロジェクトマネジメントができる人材を育成するため、「SchooMyLEADERS」の提供を決めたという。

詳しいメニューの紹介や料金などは、専用サイトから確認ができる。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する