1. “2025年の崖”に備える!実践的なDX人材の育成を目的とした法人向けプログラム「DX人材養成講座」が6月より開講

“2025年の崖”に備える!実践的なDX人材の育成を目的とした法人向けプログラム「DX人材養成講座」が6月より開講

株式会社Kaizen Platformは2月10日、株式会社ニューズピックスと共同で、実践的DX(デジタルトランスフォーメーション)人材の育成を目的とした法人向けプログラム「DX人材養成講座」を6月より開催すると発表した。

“2025年の崖”に備える!実践的なDX人材の育成を目的とした法人向けプログラム「DX人材養成講座」が6月より開講 1番目の画像

必要とされるDX人材

同社によれば、小売・流通・金融・モビリティなど、あらゆる産業でデジタルを活用したビジネスの変革が起こり、世界的に注目が集まっている。

さらに、2020年には5Gの商用化が始まり、DXの流れはさらに加速する見込みで、企業にとってはこの潮流に乗り遅れないことは死活問題ともいえるという。

ただ、DXに取り組む企業が増加する一方で、DXに関する知識やノウハウが不足しているという実情がある。2018年9月に経済産業省が公開した「DXレポート」(※1)では、国際競争への遅れや日本の経済の停滞に警鐘を鳴らす“2025年の崖”というワードが話題になった。

(※1)経済産業省「DXレポート  ~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」より

DXの推進のためには、DXの本質を正しく理解し、必要な知識やスキルを身につけたDX人材の育成が必要となる。

Kaizen PlatformとNewsPicksが共同開催する、法人向けDX人材講座

そのような社会情勢を受けて、NewsPicksが6月よりスタートするのが「DX人材養成講座」。企業のDXプロジェクトをサポートしてきたKaizen Platformが累積してきた事例を基盤に、「正しいDXリテラシー」を身につけ、実際にDXに取り組んでいる企業の責任者や担当者のコミュニティを通じて、DXプロジェクトを推進するDX人材の育成を目指していく。

■カリキュラム(予定)
#1:そもそもDXとはなにか?/なぜDXは難しいのか? 
#2:90日DX計画策定ワークショップ
#3〜#5:実際にDXに取り組む企業のゲスト登壇セッション
#6:90日 DX計画策定ワークショップのブラッシュアップ / プログラムのラップアップ
※今後変更となる可能性あり

■講座スケジュール
2020年6月より開講、1回3時間のプログラムを全6回の構成の予定

■受講料金
50万円(税抜)
※1法人あたり2名までの参加

■申し込み方法
公式サイトの申し込みフォームより応募
「DX人材養成講座」 

講座の詳細は、2月下旬にNewsPicksのサイトにて公開予定とのこと。世界の情勢に乗り遅れないためにも、DXへの対応は急務といえそうだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する