1. 食材をより新鮮にみせる生鮮食品専用LED照明「FOODEE」が登場

食材をより新鮮にみせる生鮮食品専用LED照明「FOODEE」が登場

アイリスオーヤマ株式会社は3月より、生鮮食品専用LED照明シリーズ「FOODEE」5種類を発売する。

食材をより新鮮にみせる生鮮食品専用LED照明「FOODEE」が登場 1番目の画像

食材を引き立たせるLED照明

FOODEE(フーディー)」は生鮮食品専用LED照明で、食材に合わせて効果的な光を当てることで、より鮮明に見せることができる。

生鮮食品用は「生鮮食品売場用LEDスポットライトS-tria」「COBベースダウンライト」「LEDローグレアユニバーサルダウンライト」の3種類。

食材をより新鮮にみせる生鮮食品専用LED照明「FOODEE」が登場 2番目の画像

冷蔵ショーケース用は「LEDランプT8管タイプ」「LED棚下照明T6タイプ」の2種類と、計5種類を取り扱う。

食材をより新鮮にみせる生鮮食品専用LED照明「FOODEE」が登場 3番目の画像

食材に合わせた光の波長を利用

食材に合わせて「生鮮食品スペシャル色」「高演色モデル」など、9種類の光色パターンや色温度を選択できる。

「生鮮食品スペシャル色」は、精肉用(赤身)、精肉用(霜降)、野菜・青果用、鮮魚用、ベーカリー・総菜用の5種類があり、食材をより新鮮に見せることが可能だ。

食材をより新鮮にみせる生鮮食品専用LED照明「FOODEE」が登場 4番目の画像

「高演色モデル」は、5000ケルビン、4000ケルビン、3500ケルビン、3000ケルビンの4種類の色温度があり、食材の自然な色合いをより忠実に表現することができるという。

食材をより新鮮にみせる生鮮食品専用LED照明「FOODEE」が登場 5番目の画像

これら9種類の発光を、スポットライト、ダウンライト、ユニバーサルダウンライト、冷蔵ショーケース用照明の5種類に適応できるため、照明器具や場所を選ぶことなく照明演出のサポートができるとしている。

食材をより新鮮にみせる生鮮食品専用LED照明「FOODEE」が登場 6番目の画像

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する