1. 長谷川裕也氏の靴磨き店「Brift H」でプリペイド型電子マネーを導入 ポイントで独自の体験型特典も

長谷川裕也氏の靴磨き店「Brift H」でプリペイド型電子マネーを導入 ポイントで独自の体験型特典も

ビジネスパーソンにとって、ビジネスシューズはオンの時間の戦友のような存在。大事な戦友を長く履きたいなら、シューズのケアは欠かせない。

カウンター越しに革靴を磨く東京・南青山の靴磨き店「Brift H (ブリフトアッシュ)」を運営する株式会社BOOT BLACK JAPANは2月3日から、リチャージ式ポイントカード「Shoeshine Menber’s Card」を始めた。

株式会社バリューデザインが発行するクラウド型プリペイドカード発行システム「バリューカードASPサービス」を利用する。

長谷川裕也氏の靴磨き店「Brift H」でプリペイド型電子マネーを導入 ポイントで独自の体験型特典も 1番目の画像

世界一の靴磨きが運営する店「Brift H」

「Brift H」は、2017年にロンドンで開かれた靴磨きの世界選手権で優勝したシューシャイナーの長谷川裕也氏が手がける、カウンター越しに革靴を磨き上げるスタイルのシューズラウンジだ。

高い磨きの技術はもちろん、バーのようなカウンター越しで靴のオーナーと会話をしながら磨くという独自のスタイルが特徴で、多くのビジネスパーソンから人気を得ているという。

キャッシュレス決済で顧客との関係を強化

「Brift H」が、プリペイド型電子マネーを導入する、キャッシュレスで決済が行える利便性だけでなく、店独自の特典で、新規顧客の獲得や既存顧客のリピート率の向上を図りたい意向だ。

体験型特典は、「靴磨きの極意を直接学ぶことができる靴磨きワークショップ」「マンツーマンで靴磨きを教わることができる靴磨き教室」のほか、「靴磨き職人と一緒に靴を選ぶショッピング同行権」など、ユニークなものもある。

靴磨きのようなアナログを極めた業界でも、キャッシュレス決済を活用したサービスの普及が進むかもしれない。

【「Shoeshine Menber’s Card」概要】

◆名称:Shoeshine Menber’s Card
◆チャージ単位:1000円
◆チャージ上限:4万9000円
◆還元率:入金時ボーナス5%(VIP会員は10%)、利用時ポイント1%
  (ボーナス・ポイントは支払時の利用の他、“体験型特典”とも交換可)
◆取り扱い店舗:Brift H青山店/ The Shoeshine&Bar(虎ノ門)
店舗詳細

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する