1. マックのおもちゃが高輪ゲートウェイ駅に!「STARTUP_STATION in 品川駅」が開催

マックのおもちゃが高輪ゲートウェイ駅に!「STARTUP_STATION in 品川駅」が開催

JR東日本スタートアップ株式会社は、東京・品川駅で「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択したベンチャー企業とともに、SDGs推進をテーマにした展示会「STARTUP_STATION in 品川駅」を開催する。

期間は、2月17日(月)~23日(日)の7日間。

マックのおもちゃが高輪ゲートウェイ駅に!「STARTUP_STATION in 品川駅」が開催 1番目の画像

オープンにアイデアを募るJR東日本スタートアッププログラム

JR東日本スタートアッププログラムは、ベンチャー企業やアイデアを持つ人などから、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を公募し、ブラッシュアップを経て提案を実現していくプログラム。3回目の今回は、21件を採択した。

品川駅でSDGsがテーマのイベント

「STARTUP_STATION in 品川駅」には、日本環境設計株式会社、株式会社ヘラルボニーのベンチャー企業2社が参加。リサイクルやアップサイクルなどのSDGsを推進する2社の協業内容を実際に体験できる内容になっている。

ケミカルリサイクル×福祉アート「SDGs Tシャツ」

日本環境設計の出展。再生ポリエステルによる「コットンライクTシャツ」を使い、利用者がその場で自由なデザインでオリジナルTシャツを制作できる。

デザインは、障害のあるアーティストが描く作品を製品におとし込み、社会に提案する株式会社ヘラルボニーとコラボ。売上の一部をアーティストたちに還元する。

サステナブルnanoblockで作る「高輪ゲートウェイ駅」

日本マクドナルド株式会社のリサイクル企画「マックでおもちゃリサイクル」を通じて、全国のマクドナルド店舗で回収されたハッピーセットのおもちゃをリサイクルしてつくられた「サステナブルnanoblock」を使った、世界初の「高輪ゲートウェイ駅のジオラマ」を展示する。

マックのおもちゃが高輪ゲートウェイ駅に!「STARTUP_STATION in 品川駅」が開催 2番目の画像

※「nanoblock」は株式会社カワダが開発した、日本生まれの超ミニサイズのブロック

【「STARTUP_STATION in 品川駅」概要】

■日時:2020年2月17日(月)~ 2月23日(日)12:00~20:00  ※17日のみ14:00から
■会場:JR品川駅中央改札内イベントスペース
■主催:JR東日本スタートアップ株式会社
■内容:
1.ケミカルリサイクル×福祉アート「SDGs Tシャツ」限定オリジナルプリント販売
2.サステナブルnanoblockを使った「高輪ゲートウェイ駅のジオラマ」の展示
■入場:無料 
公式サイト
※イベント内容について予告なく変更となる場合あり

スタートアッププログラムを介して、実現化したプロジェクトを間近で見られるチャンス。ぜひ足を運んでみては。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する