1. JR東日本・北海道・西日本で「新幹線eチケットサービス」がスタート!モバイルSuica特急券は終了に

JR東日本・北海道・西日本で「新幹線eチケットサービス」がスタート!モバイルSuica特急券は終了に

東日本・北海道・西日本旅客鉄道株式会社は3月14日(土)から、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線にて、「新幹線eチケットサービス」を始めると発表した。

「えきねっと」「e5489」にて、2月14日(金)10時から予約受付を開始する。

新幹線のeチケットサービス

「新幹線eチケットサービス」は、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線にて利用できるサービス。

JR東日本・北海道・西日本で「新幹線eチケットサービス」がスタート!モバイルSuica特急券は終了に 1番目の画像

予約サイト「えきねっと」「e5489」の会員登録後に、交通系ICカードを登録する。Suica・ICOCAなど10種類が対象。

予約時には利用するICカードを指定し、当日は券売機や窓口で切符の受け取りは不要で、指定したICカードを新幹線自動改札機にタッチする仕組みだ。

事前に登録したICカードでは、同一列車・同一行程の場合、1回の予約で6名まで乗車可能で、予約は乗車日1カ月前の午前10時から、乗車日の列車出4分前かつ22時54分までできる。

クラウド管理で予約を照合

運賃と料金が一体となった商品となっており、例えば東京・山形間では通常11,550円のところ、eチケットの利用で11,350円と割引価格となる。(普通車指定席・大人1名片道・通常期の場合)

「東京都区内」などの特定都区市内制度は適用されないため、新幹線乗車前・降車後は別途在来線の運賃等が必要となる。

JR東日本・北海道・西日本で「新幹線eチケットサービス」がスタート!モバイルSuica特急券は終了に 2番目の画像

同サービスは「センターサーバ照会方式」を導入することで、予約情報の管理から認証処理を行うことができるという。

JR東日本・北海道・西日本で「新幹線eチケットサービス」がスタート!モバイルSuica特急券は終了に 3番目の画像

eチケットへの移行のため、JR東日本の「モバイルSuica特急券」は、3月13日(金)にサービスを終了するとしている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する