1. 物流・ロジスティクスの先進情報が集結する国際物流総合展が開催。出展者とのマッチングサービスも

物流・ロジスティクスの先進情報が集結する国際物流総合展が開催。出展者とのマッチングサービスも

一般社団法人日本産業機械工業会ら7協会は、2月19日(水)~21日(金)の3日間にわたり、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて、物流・ロジスティクスの先進情報が集結する「国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-」を開催する。

物流・ロジスティクスの先進情報が集結する国際物流総合展が開催。出展者とのマッチングサービスも 1番目の画像
Adobe Stock

200社以上の展示

同イベントでは、「労働力不足」をテーマに、最新物流機器やシステム、サービスなどを集結。物流・ロジスティクス業界における技術の向上や人的交流の促進などを目指す。

200社以上による展示を予定しており、仕分けシステムや搬送システム、保管・輸送サービス、リスクマネジメントなど、内容は多岐に渡る。

出展者によるプレゼンテーションセミナーやミニステージセミナー、行政動向や最新の取組み事例、今後の展望などを情報発信するロジスティクスイノベーションフォーラムなどの開催も予定。企業等が抱える課題解決の糸口を見つけることができる場の創出を狙う。

イベント参加には来場事前登録が必要。来場予定者数は2万人。詳細は公式サイトから確認ができる。

物流・ロジスティクスの先進情報が集結する国際物流総合展が開催。出展者とのマッチングサービスも 2番目の画像
Adobe Stock

マッチングサービスなどで事前準備を

公式サイトでは、希望企業等と出展者を繋ぐマッチングサービスも提供。企業等が抱える課題などを事前登録することで、ソリューションが出展者から提案される仕組みとなっている。

興味のある出展者に、事前にコンタクトを取ることも可能としており、商談に向けた情報収集や会期中の訪問日時調整などを行うことができる。

主催側は、参加当日がより充実したものとなるよう、参加者にはこのマッチングサービスなどで事前準備を整えておくことを勧めている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する