1. 首都圏の買って住みたい街ランキング、1位に「勝どき」が急浮上。五輪開催で都心周辺に注目|LIFULL調べ

首都圏の買って住みたい街ランキング、1位に「勝どき」が急浮上。五輪開催で都心周辺に注目|LIFULL調べ

不動産情報サイト「LIFULL HOME'S」等の住生活情報サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)は2月4日、「2020年 首都圏版LIFULL HOME'S 住みたい街ランキング」を発表した。

首都圏の買って住みたい街ランキング、1位に「勝どき」が急浮上。五輪開催で都心周辺に注目|LIFULL調べ 1番目の画像

「勝どき」が初の栄冠、都心が順位を上げる

2019年1月1日~12月31日の期間中、LIFULL HOME'Sユーザー(首都圏は東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を対象)を対象に、同サイトに掲載された物件のうち、問い合わせの多かった駅名とその行政区を集計。

買って住みたい街1位には「勝どき」、借りて住みたい街1位には「池袋」が選ばれた。

首都圏の買って住みたい街ランキング、1位に「勝どき」が急浮上。五輪開催で都心周辺に注目|LIFULL調べ 2番目の画像

買って住みたい街ランキングで1位を獲得した「勝どき」は、昨年の16位から大幅にランクアップ。

五輪開催地としての注目度から、都心周辺エリアが順位を押し上げる傾向が見られた。

首都圏の買って住みたい街ランキング、1位に「勝どき」が急浮上。五輪開催で都心周辺に注目|LIFULL調べ 3番目の画像
イメージ画像/Adobe Stock

「池袋」は4年連続で借りてみたい街1位

借りてみたい街では「池袋」が4年連続で1位に。

池袋と同様に、生活と交通の利便性のバランスが取れていて、なおかつ駅周辺の開発が進んでいるエリアとして、3位「川崎」・5位「大宮」・6位「三軒茶屋」が上位にランクインした。

また、11位「蕨」(前回29位)・20位「西川口」(前回30位)・24位「綾瀬」(前回47位)など、古くからの住宅地が賃貸居住エリアとしてバリューアップした街が前回より大きく順位を上げた。

買って住みたい行政区、4位に「船橋」

買って住みたい行政区ランキングでは「東京都中央区」が1位を獲得。また、都心の行政区を押しのけて「船橋市」が前回同様4位にランクインした。

借りて住みたい行政区ランキングでは、2年連続で「世田谷区」が1位を獲得。同ランキングのベスト10は全て東京23区内の行政区が占めた。

首都圏の買って住みたい街ランキング、1位に「勝どき」が急浮上。五輪開催で都心周辺に注目|LIFULL調べ 4番目の画像

各ランキングのTOP100は、同社プレスリリースWebサイトより見ることができる。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する