1. 東京のド真ん中で「宿泊体験式防災訓練」 高層ビルが並ぶオフィス街で身を守れ

東京のド真ん中で「宿泊体験式防災訓練」 高層ビルが並ぶオフィス街で身を守れ

東京・大手町のビジネスセンター「大手町プレイス」は3月6日(金)~3月7日(土)の2日間、宿泊体験式防災訓練「つながるONE TEAM防災@大手町プレイス」を開催する。

都市型災害発生を想定した訓練を行い、高層ビルが立ち並ぶオフィス街での防災力を身に付ける。

東京のド真ん中で「宿泊体験式防災訓練」 高層ビルが並ぶオフィス街で身を守れ 1番目の画像

都市型災害発生に備える

大手町は東京駅からも近く利便性の高いオフィス街として人気だが、高層ビルが立ち並ぶエリアは都市災害の恐れが高く、地震や火災、地下街の浸水など災害発生時には危険な場所に変化する恐れが懸念されているという。

そこで、災害発生時に低層部を帰宅困難者の一時滞在施設として開放する大手町プレイスにおいて、オフィスビルとオフィス街の正しい避難方法・防災時の非常食・帰宅困難時の行動など、様々なワークショップやフィールドワークを通し、都市型災害発生を想定した宿泊体験式防災訓練を行う。

同施設と近隣の人々のみならず、ビルの管理事務所や警備スタッフとも相互につながるワンチーム防災をテーマに、地域・施設全体の防災力を高めることが目標だという。

都市型災害を想定したワークショップ等

「移動・帰宅」「食事」「就寝」に分け、都市型災害を想定した様々なワークショップやフィールドワークを実施する。

第1部は「徒歩帰宅スゴロク」を用いて予測不能な状況の中で帰宅方法を考えるワークショップと、災害時の食事を想像しながら実際の防災食を食べる「防災献立ワークショップ」を開催。

第2部は、普段は入ることのできない非常時の導線や備蓄品倉庫などを見学する「大手町プレイス防災探検ツアー」と、非常時を体験して対応力を身に付ける「エレベーター脱出体験」を実施する。

第3部は段ボールを活用した就寝訓練。災害時の状況を想像しながら眠り方を工夫し、プライベート空間を作って実際に就寝体験する。

東京のド真ん中で「宿泊体験式防災訓練」 高層ビルが並ぶオフィス街で身を守れ 2番目の画像
イメージ画像/Adobe Stock

参加費は無料。周辺地域・施設のワーカー・利用者が対象となる。

【つながるONE TEAM防災@大手町プレイス】
・開催日時:2020年3月6日(金)19時~3月7日(土)7時30分
・会場:大手町プレイス1階 カンファレンスセンター/カンファレンスセンター前ホール
・参加費:無料(事前申込制)
※スケジュールなど詳細は、同社のプレスリリース見ることができる。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する