1. 成田空港で5G通信による「遠隔アバター案内」実証実験を開始 NTTドコモと共同

成田空港で5G通信による「遠隔アバター案内」実証実験を開始 NTTドコモと共同

成田国際空港株式会社と株式会社NTTドコモは2月3日から、共同で5G(第5世代移動通信システム)とアバター技術を組み合わせた案内業務に関する実証実験を行う。

成田空港で5G通信による「遠隔アバター案内」実証実験を開始 NTTドコモと共同 1番目の画像

5Gとアバターは働き方を変えるか

5G通信は、高速・大容量かつ低遅延・多接続といった特徴を持つ。

また、近年SNS上では、アバター技術が多用されている。

実証実験では、これら2つの技術をかけ合わせた「遠隔アバター案内」を成田国際空港第3ターミナルで実施する。

成田空港で5G通信による「遠隔アバター案内」実証実験を開始 NTTドコモと共同 2番目の画像

「遠隔アバター案内」の実証実験には大きく2つの目的がある。

居住地の違いなど社員の多様性を受け入れつつ、新たな働き方を提示することと、そしてOB/OGのノウハウや多言語スキルを有効活用する方法を模索することだ。

「遠隔アバター案内」は国内空港では初めて導入されるという。

アバターで対面カウンターと同レベルの会話が成立するか

「遠隔アバター案内」実証実験では、5G通信によって、アバターが対面カウンターと同等のスムーズな会話を成立できるかといった技術的側面の他、顧客がアバターから受ける印象や案内サービス品質などを検証する。

成田空港で5G通信による「遠隔アバター案内」実証実験を開始 NTTドコモと共同 3番目の画像
5Gとアバターで目指す案内業務の将来像

成田国際空港での「遠隔アバター案内」実証実験の概要は、次のとおりだ。

実施期間:2020年2月3日(月)~3月27日(金)

実施場所:成田国際空港第3ターミナル2階  保安検査場前

成田空港で5G通信による「遠隔アバター案内」実証実験を開始 NTTドコモと共同 4番目の画像

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する