1. 多拠点住み放題サービス「ADDress」が日本政策金融公庫などから資金調達を実施 「#全国創生」を掲げる

多拠点住み放題サービス「ADDress」が日本政策金融公庫などから資金調達を実施 「#全国創生」を掲げる

全国の家に定額制で住める多拠点サービスを展開する株式会社アドレスは1月31日、一般財団法人社会変革推進財団・リノべる株式会社・株式会社アイティーファームを引受先とする増資、および株式会社日本政策金融公庫からの融資による資金調達の実施を発表した(調達額は非公表)。

進行する人口減少や空き家増加などの社会課題解決に向けて、社会的インパクトの創出を目指す。

多拠点ライフプラットフォーム「ADDress」 全国創生の実現に向け資金調達を実施 社会課題の解決めざす 1番目の画像

月額制で全国の家に住む多拠点居住コリビング「ADDress」

アドレスが展開している多拠点コリビング「ADDress」は、月額制で全国の家(登録拠点)に自由に住めるサービスだ。

各拠点では、個室を確保しつつも、シェアハウスのようにリビング・キッチンを共有する。

空き家や別荘を活用することでコストを抑えながら快適な空間を提供し、光熱費・Wi-Fi・共有の家具やアメニティの利用・共有スペースの清掃も含めて、月額4万円からの低価格を実現している。

自分の居場所をいくつも持つ「#全国創生」プロジェクト

資金調達により実現を目指すのは「#全国創生」だ。

「#全国創生」プロジェクトでは、多拠点居住を通じて、すべての人が自分の居場所と思える場をいくつも持ち、都市と地方の人口をシェアすることを目指している。

多拠点ライフプラットフォーム「ADDress」 全国創生の実現に向け資金調達を実施 社会課題の解決めざす 2番目の画像

出資者との協業で全国の空き家活用

出資者のリノベるが持つ、リノベーションのノウハウ・全国の不動産会社や金融ネットワークを活用し、全国の空き家活用を促進する。

アドレスは2月下旬以降、出資者と協業し、空き家に困っている戸建オーナー向けに、「ADDress」の登録地点の紹介とリノベるの戸建リノベーションを案内するセミナーを展開する予定。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する