1. 2020年の求人トレンドトップ10 キャッシュレス決済増加でWeb・モバイル開発者に需要か

2020年の求人トレンドトップ10 キャッシュレス決済増加でWeb・モバイル開発者に需要か

2020年の国内転職市場では、どのような職種の求人が伸びるのだろうか。

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社が、昨年末に国内転職市場における求人トレンドトップ10を発表している。

2020年の求人トレンドトップ10は次のとおりだ。

2020年の求人トレンドトップ10  キャッシュレス決済増加でWeb・モバイル開発者に需要か 1番目の画像
イメージ画像/AdobeStock

キャッシュレス決済増加でWeb・モバイル開発者の需要が急増

Web・モバイル開発者の求人が急増すると見込まれている。

政府が発表した「キャッシュレス決済率40%」という目標に向かって、多くの企業がシステム開発を進めているためだ。

AI技術者の需要がさらに増加

さまざまな業界でAI・ロボティクス・機械学習・自動化のスキルや知識を持ったIT人材を採用しようとしており、AI技術者の需要はさらに高まっている。

Eコマースの成長で物流担当者の募集が増加

Eコマースが成長し、超大型物流センター(DC)や中小規模の配送センターが増加している。

このため、大規模物流センターでの物流経験者だけでなく、生鮮品を含む幅広い商品の取り扱い経験者も求められている。

製造業でIoTなど新規テクノロジーの経験者への需要拡大

日本の製造業は、急速な技術革新や国内外での厳しい競争といった課題を抱えており、FAE・ADAS・IoT・ファクトリーオートメーションなどの新規テクノロジーの経験を持つ人材が求められている。

5G関連の知識を持った通信技術人材の求人が増加

国内で5Gネットワークや関連技術が普及・拡大していくことにより、TMT業界の求人が増加すると予想される。

ライフサイエンス業界で研究開発関連職の需要が増加

日本のライフサイエンス業界は依然として魅力的な市場とされており、医薬品開発業務受託機関(CRO)が積極的に人材を採用している。

基礎研究やQA/QCといった需要の高い領域での人材育成を進めている。

組み込みエンジニアの需要が拡大

製品にIoTの技術を組み込む、組み込み開発者やテスターの求人が増加している。

メーカーのほか、産業用ソフトウェアや自動車業界各社でもハード・ソフト両面での能力強化を図っているためだ。

戦略HRプロフェッショナルやITスキルを持つ人事担当者に需要

改正労働基準法の施行を受け、シニアレベルの戦略HRプロフェッショナルの採用が増加。

人事管理システム(HRIS)の活用も進み、ITスキルを持つ人事担当者に需要がある。

経理・財務部門でバイリンガルの財務人材に継続的な求人

財務計画や財務分析を担当する人材、特に、優れたビジネスセンスがあり、日本語の能力に加えて英語でのコミュニケーション能力を持つ専門職人材が求められている。

オフィスプロフェッショナルの需要が拡大

2020年には総務やオフィスアドミニストレーターといった職種の需要が高まると予想されている。

複数の大手グローバル企業がオフィスの移転を行うことが背景にある。

ヘイズは、2020年は、あらゆる業界において、デジタル化の波を受け入れて必要なスキルを身に付けている求職者が最も有利になると予測している。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する