1. 国内スタートアップ資金調達金額ランキングTOP50(2019年通期)を発表|フォースタートアップス調べ

国内スタートアップ資金調達金額ランキングTOP50(2019年通期)を発表|フォースタートアップス調べ

成長産業の支援事業を行うフォースタートアップス株式会社はこのほど、運営する「STARTUP DB (スタートアップデータベース)」で、2019年を対象とした「国内スタートアップ資金調達額ランキング(2019年通期版)」を発表した。 

国内スタートアップ資金調達金額ランキングTOP50(2019年通期)を発表|フォースタートアップス調べ 1番目の画像
イメージ画像/Adobe Stock

「STARTUP DB」は成長産業領域に特化した情報プラットフォームで、1万社を超える日本のベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有している。ランキングは、同社が取得した登記簿謄本の記載情報を基に参考値として算出した。 

2019年調達した累計金額TOP50ランキングを発表

ランキング1位は、人気施設の予約・受付サイトを運営するEPARK。累計調達金額が唯一200億円を超えた。

国内スタートアップ資金調達金額ランキングTOP50(2019年通期)を発表|フォースタートアップス調べ 2番目の画像
国内スタートアップ資金調達金額ランキングTOP50(2019年通期)を発表|フォースタートアップス調べ 3番目の画像

注目すべき点として、累計調達金額が100億円を超えるスタートアップが、2018年はJapanTaxi、Blue Planet-worksの2社だったのに対し、2019年は4社に増加。

フォースタートアップスは、調達金額が大きくなっている要因のひとつには、海外投資家が関わっている影響があると推測する。

2019年8月にフロムスクラッチが行った100億円の調達には、海外投資家であるKKRが含まれるほか、Paidyが調達した172.5億円にはゴールドマン・サックスを含む5つの海外投資家からの融資が含まれている。

投資が集まった領域は主に3つ

ランキングの1位から25位で、調達金額の多いスタートアップの領域は主に3つの分野だった。

1つめは、宇宙・製造・研究開発を含めるディープテック。ティアフォーをはじめ、SynspectiveやMUJINなど合計8社が含まれた。

2つめに多かったのはフィンテック。ランキング2位のPaidyをはじめ、ウェルスナビや五常・アンド・カンパニー、ディーカレットなど合計4社に。

3つめはSaaS分野。1度に100億円を調達したフロムスクラッチ、SmartHRやウイングアーク1stの3社が含まれる。

もちろん調達金額がすべてを表すわけではないが、投資が集まる分野の今後の動向に注目したい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する