1. 近鉄・三菱総研などブロックチェーン活用で乗車券をQRコード化する実証実験

近鉄・三菱総研などブロックチェーン活用で乗車券をQRコード化する実証実験

近畿日本鉄道株式会社は、2月17日(月)~23日(日)に、ブロックチェーン技術とQRコードを活用したデジタル乗車券をスマートフォンのアプリ上で発行し、自動改札機で利用する実証実験を近鉄難波線「近鉄日本橋」駅と近鉄大阪線「近鉄八尾」駅において行う。

株式会社三菱総合研究所、オムロンソーシアルソリューションズ株式会社、株式会社chaintopeおよび近鉄グループホールディングス株式会社との共同事業。


近鉄・三菱総研などブロックチェーン活用で乗車券をQRコード化する実証実験 1番目の画像


企画乗車券をデジタル化

鉄道会社主催のツアーを申し込む際、窓口の長蛇の列に並んだ経験は誰しも一度はあるのではないだろうか。

今回の実証実験では何かと購入時にストレスの多い企画乗車券をデジタル化(QRコード化)して利便性を向上させようというものだ。

2月17日(月)から23日(日)までの7日間、近鉄難波線「近鉄日本橋」駅と近鉄大阪線「近鉄八尾」駅の2駅で関係者約50人が行うこの実験ではQRコードをスマートフォンアプリに実装して自動改札機にかざし、入出場日時の記録や入出場の可否判断などを行う。

近鉄・三菱総研などブロックチェーン活用で乗車券をQRコード化する実証実験 2番目の画像

次世代型シームレスサービスを目指して

今後は企画乗車券をはじめとする鉄道乗車券をデジタル化することで業務を効率化し、インバウンド観光客に向けて販路を拡大したり、デジタル地域通貨等の決済機能との連携したりといった活用を想定している。

また、集めたリアルタイムデータを活用して地域の活性化の取り組みにもつなげていく構想だ。

ブロックチェーン技術がもつデータの信頼性や改ざんの難しさといった特徴を活かし、セキュリティ面の強化も図る。

近鉄・三菱総研などブロックチェーン活用で乗車券をQRコード化する実証実験 3番目の画像

実験は、総務省が行う「地域経済の活性化に資するブロックチェーン技術による情報の安全かつ円滑な流通及び『スマートコントラクト』による省力化等の検証及び社会実装に向けた調査研究」の一環。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する