1. 行きたいアートを選ぶだけで旅程や場所を提案  香川県で観光型MaaSの実証実験

行きたいアートを選ぶだけで旅程や場所を提案  香川県で観光型MaaSの実証実験

瀬戸内洋上都市ビジョン協議会は、2月17日(月)に香川県高松市で、観光型MaaS実証実験イベントを開催する。

ことでん・高松商運・JR四国・四国フェリー・高松空港など瀬戸内の交通機関と共同実証実験。イベントでは、scheme vergeが開発する「Horai」アプリを利用した「アート旅MaaS体験会」も予定している。

行きたいアートを選ぶだけで旅程や場所を提案  香川県で観光型MaaSの実証実験 1番目の画像
出典:horai.sv

持続的な瀬戸内観光振興に向けたまちづくりをめざす

同協議会は、国内外の瀬戸内観光客を対象に、海・陸・空の交通機関や観光事業者とAPIで連携した旅程提案型MaaS「Horai」を提供している。

「Horai」アプリを活用した観光型MaaS実証実験は、国土交通省新モビリティサービス推進事業「先行モデル事業」に採択されたほか、内閣府スマートシティ官民連携プラットフォームにも加盟している産官学民連携の取り組みだ。

アート旅MaaS「Horai」とは

「Horai」は、行きたいアートを選ぶだけで、海・陸・空の旅程スケジュールを提案するアプリだ。

行きたいアートを選ぶだけで旅程や場所を提案  香川県で観光型MaaSの実証実験 2番目の画像

人工知能で観光客の行動変容を促す提案。アプリと連携先から得られたデータを分析し、持続的な瀬戸内観光振興に向けたまちづくりに活用したいとしている。

「Horai」アプリを活用した観光型MaaS実証実験

「Horai」アプリを活用した観光型MaaS実証実験は現在、瀬戸内エリアで実施している。2月17日には、実証実験説明会・アート旅MaaS体験会・ライトニングトーク&交流会を含むイベントを高松市で開催する。

アート旅MaaS体験会では、「Horai」を活用した次のような体験ができる。

●乗り合い海上タクシーでの瀬戸内クルージング

●美術館やことでんリムジンバス等のNFC決済

●手ぶら観光(手荷物配送)や高松アート旅クルーザー(Takamatsu Arts and Hotels Cruiser)など宿泊関連オンデマンドサービス

観光型MaaSの共同実証実験イベントの概要

開催日時:2020年2月17日(月)10:30~19:00

内容:説明会・アート旅MaaS体験会・ライトニングトーク&交流会

会場:香川県高松市・香川県島嶼部

瀬戸内洋上都市ビジョン協議会  共同実証実験イベント申し込みフォーム

イベント詳細はプレスリリースで確認できる。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する