1. 45%の教員が週60時間以上勤務…つくば市が「教員の働き方改革に関する実行計画」を策定

45%の教員が週60時間以上勤務…つくば市が「教員の働き方改革に関する実行計画」を策定

茨城県・つくば市教育委員会は1月9日、アクションプラン「教員の働き方改革に関する実行計画」を策定したと発表した。

45%の教員が週60時間以上勤務の衝撃  つくば市が「教員の働き方改革に関する実行計画」を策定 1番目の画像
by ajari

教員の45%は  勤務時間が週60時間以上の実態

2018年、スタディサプリ教育AI研究所・国立大学法人 東京学芸大学・株式会社チェンジウェーブ・NPO法人 東京学芸大こども未来研究所が合同で、つくば市内の小学校全教員を対象に「教員の働き方改革に関するアンケート」を実施した。

アンケートで浮き彫りとなったのは、次のような深刻な事態であった。

●45%の教員は、勤務時間が週60時間以上

●77%の教員が、週1時間以上の持ち帰り業務を行っている

●70%の教員が、月1日以上の休日出勤を行っている

また、全回答者中の76%が、過去5~10年間で業務量が増加したと回答している。

つくば市教員の働き方改革プロジェクトチーム立ち上げ

「教員の働き方改革に関するアンケート」の結果を受けて、つくば市教育委員会は、教員の働き方改革が喫緊の課題であることを改めて確認。

教員の働き方改革を実現するため、2019年5月、つくば市教育局内に「つくば市教員の働き方改革プロジェクトチーム」を発足した。

45%の教員が週60時間以上勤務の衝撃  つくば市が「教員の働き方改革に関する実行計画」を策定 2番目の画像
出典:www.city.tsukuba.lg.jp

働きがいのある職場が教育の質を高める

教育局と教員で構成されたプロジェクトチームが策定したのがアクションプラン「教員の働き方改革に関する実行計画」だ。

45%の教員が週60時間以上勤務の衝撃  つくば市が「教員の働き方改革に関する実行計画」を策定 3番目の画像

アクションプランでは教員に対し、次のようなゴールを設定している。

●教育に工夫を凝らせるようになること

●児童生徒一人ひとりと向き合えること

●質の高い教育の基礎となる人間性や創造力をさらに高めること

教員にとって働きがいがあり、本来の能力を一層発揮できる職場に変えていくことで、つくば市の児童生徒へ質の高い教育を提供したいとしている。

「教員の働き方改革に関する実行計画」についての詳細は、プレスリリースで確認できる。

教員の働き方改革に関する実行計画

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する