1. 2019年下半期のベストビジネス書は「ニュータイプの時代」 1万人対象のアンケートで決定

2019年下半期のベストビジネス書は「ニュータイプの時代」 1万人対象のアンケートで決定

パーソナルブレーンが発行する新刊ビジネス書情報誌・TOPPOINT(トップポイント)は1月24日、2019年下半期のベストビジネス書を決める「第31回トップポイント大賞」を発表した。

ビジネスリーダーを中心とする1万人以上のTOPPOINT定期購読者を対象とした読者アンケートで大賞に輝いたのは「ニュータイプの時代(山口周著)」だという。

2019年下半期のベストビジネス書は「ニュータイプの時代」 1万人対象のアンケートで決定 1番目の画像

新時代に求められる思考・行動を解説

「ニュータイプの時代」は、これから起こりうる社会構造の変化を読み解き、新時代に求められる思考・行動様式について述べた1冊。

これからの社会で評価されるようになるのは、自由で直感的でわがままで好奇心の強いニュータイプ人材だとして、その思考・行動様式を24項目にわたって紹介している。

同書について、投票した読者からは「単なるビジネススキルではない、深い議論がなされていた」「複雑な社会を生き抜くための新しい時代の考え方を理解できた」といったコメントが寄せられた。

2019年下半期のベストビジネス書は「ニュータイプの時代」 1万人対象のアンケートで決定 2番目の画像

2019年上半期のビジネス書ベスト10

ベスト10に選ばれたのは、次の10冊。

・大賞「ニュータイプの時代」 山口周著/ダイヤモンド社
・2位「最強の縄文型ビジネス イノベーションを生み出す4つの原則」谷中修吾著/日本経済新聞出版社
・3位「直感と論理をつなぐ思考法」佐宗邦威著/ダイヤモンド社
・4位「未来予測入門」上田篤盛著/講談社(講談社現代新書)
・5位「僕らはそれに抵抗できない」アダム・オルター著/ダイヤモンド社
・6位「データ資本主義」野口悠紀雄著/日本経済新聞出版社
・7位「AI以後」丸山俊一/NHK取材班編著/NHK出版(NHK出版新書)
・8位「戦略完遂力」堀江庄平著/日経BP
・9位「メンタルが強い人がやめた13の習慣」エイミー・モーリン著/講談社(講談社+α新書)
・10位「ハーバード流 子育ての公式」ロナルド・F・ファーガソン他著/東洋経済新報社

2019年下半期のベストビジネス書は「ニュータイプの時代」 1万人対象のアンケートで決定 3番目の画像

全国の主要大型書店85店舗で、2月から約1カ月間の予定で「トップポイント大賞受賞書籍フェア」を開く。

ベスト10に選ばれた各書籍を読みどころや読者のコメントとあわせて展示すると共に、賞の概要が分かる無料の小冊子を配布する。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する