1. 小売業界の「ストレス度の低い企業ランキング」発表 1位は「DCMダイキ」

小売業界の「ストレス度の低い企業ランキング」発表 1位は「DCMダイキ」

年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は1月23日、「小売業界ストレス度の低い企業ランキング」を発表した。

小売業界「ストレス度の低い企業」トップ10

「小売業界ストレス度の低い企業ランキング」は、小売業界に属する企業をピックアップし、キャリコネのユーザーによる「ストレス度の低さ」評価の平均値が高い順にランキングしたものである。

小売業界の企業として、百貨店・コンビニ・スーパー・地方スーパー・ホームセンター・ディスカウントストア・ドラッグストア・家電量販店に該当する各企業を調査対象とした。調査期間は2016年4月1日~2018年3月31日。

トップ10は次の結果となった。

小売業界の「ストレス度の低い企業ランキング」発表   1位は「DCMダイキ」 1番目の画像
小売業界の"ストレス度の低い企業"ランキング

西日本で知られるホームセンターに成長した「DCMダイキ」

「小売業界ストレス度の低い企業ランキング」で第1位となったのは、「DCMダイキ」だ。

愛媛県松山市に本社を置く「DCMダイキ」は、DIY用品の販売や増改築・造園工事などを行う企業である。

愛媛県に留まらず、広島県や香川県、岡山県など他県へと店舗を広げ、現在、西日本に約160店舗を展開している。

人材育成と福利厚生が充実

「DCMダイキ」の正社員数は、2018年11月時点で943人。

人材育成に力を入れ、夏休みに職場実習体験の場を用意したり、事前学習のためのテキストを配布したりと入社前から研修を開始している。

入社直後には新入社員導入研修・配属先でのマンツーマン指導・入社後半年後のフォローアップ研修の実施など、手厚い研修が特徴だ。

確定拠出年金制度・財形補助・団体長期障害補償制度・借上社宅制度など福利厚生も充実している。

通常の有給休暇に加え、積立有給休暇や特別有給休暇など、豊富な休暇・休業制度もストレスの低減に一役買っているようだ。

「DCMダイキ」の20代前半男性社員は、キャリコネ上で「教育制度はしっかりしており、資格習得などもできる。その気があれば、いろいろな資格を取得できる」とコメントしている。

人材育成への惜しみない投資が「DCMダイキ」をストレス度の低い企業1位に押し上げた要因のようだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する