1. 小田急・新宿駅に充電できる「チャージングベンチ」が登場、ロマンスカーの待ち時間を有効活用しよう

小田急・新宿駅に充電できる「チャージングベンチ」が登場、ロマンスカーの待ち時間を有効活用しよう

小田急電鉄は、特急ロマンスカーが発着する新宿駅2・3番ホームにUSBポートを有する「チャージングベンチ」を設置する。

供用開始は1月29日(水)から。既存の10台のベンチをチャージングベンチに置き換え、新宿駅での特急ロマンスカーの待ち時間にバッテリーを充電できるようにする。

小田急・新宿駅に充電できる「チャージングベンチ」が登場、ロマンスカーの待ち時間を有効活用へ 1番目の画像

1台につき、ひじ掛けに4口のUSBポート

チャージングベンチは「価値ある空間づくり」に取り組むアドセック株式会社が開発。1台に2つあるひじ掛けに、デジタルデバイスの充電に使えるUSBポートを4口有している。

駅空間を「Charging Station」として、待つ時間を価値ある時間へ変え、価値ある駅へ進化することをコンセプトとして開発した。

ベンチには、利用者の視認性を高め、訪日外国人旅行者にも分かりやすくするために、充電を想起するアイコンサインを表示する。以前設置していたベンチより座面を50ミリ高くすることで、立ち上がりの際の負担を軽減できるよう工夫したという。

小田急・新宿駅に充電できる「チャージングベンチ」が登場、ロマンスカーの待ち時間を有効活用へ 2番目の画像

利用者の利便性を向上へ

同社はこれまでにも、1日平均約52万人が利用する小田急最大のターミナル駅である新宿駅で、フリーWiFiサービスや大型荷物を持っている人も利用しやすいトイレ環境の整備、小田急旅行センターの窓口増設や手荷物預かりサービスなどを実施してきた。

今回、新たにチャージングベンチを設置することで、特急ロマンスカーの待ち時間を有効活用できるようにする。

同社は今後も、各駅の周辺環境や利用者のニーズを捉えた利便性向上策に務めていくとしている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する