1. フランス「使い捨てプラスチック製品」を全廃へ 2040年目標

フランス「使い捨てプラスチック製品」を全廃へ 2040年目標

フランス政府は1月1日、使い捨てプラスチック製品の使用を禁止するための、第一段階の規制を開始した。

同国は最終的に2040年までに、全ての使い捨てプラスチックの使用を禁止するとしている。

EUの方針に沿い

EU(欧州連合)は2019年5月、加盟国において、使い捨てプラスチック製品の使用を2021年までに禁止する法案を採択した。これにはプラスチック綿棒、プラスチック製のカラトリー(ナイフやフォークなど)、ストロー、皿などが含まれる。

EU加盟国はこの法案の発効から2年を目途に、対応した国内法を整備することが求められているという。

今回のフランスにおける新しい規制は、このEUの指令に対応した世界初の国内法だ。

フランス「使い捨てプラスチック製品」を全廃へ 2040年目標 1番目の画像
Adobe Stock

段階的に対象を広げる計画

海外メディアによればフランス政府は1月から既に、使い捨てプラスチックの皿、コップ、そして綿棒の3製品の使用を禁止しているという。

2021年には、対象を使い捨てナイフやフォーク、テイクアウト用容器、マドラー、プラスチックストローなどに広げ、プラスチック包装も禁止する。

2022年までに、フランス国民はプラスチック製ティーバッグや、ファーストフード店のおもちゃ、飲食店における使い捨て容器などの使用もできなくなるという。

近年日本においても、環境意識の高まりから、プラスチック製品の製造・使用を控える傾向にある。しかし、現在は個人の意識や企業努力などに頼っている状況だ。

フランスの新しい規制が、他の国にも影響を与え、環境破壊を食い止める一助となり得るのだろうか。今後の世界各国の動きに注目したい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する