1. いつでも同じフリーランスのクリエイターに依頼できる安心感を提供 新サービス「ランサーユニット」が運用開始

いつでも同じフリーランスのクリエイターに依頼できる安心感を提供 新サービス「ランサーユニット」が運用開始

デジタルハリウッド大学・大学院などデジタルコンテンツを人材育成する学校を運営するデジタルハリウッド大学は1月21日、常駐スタッフのようにフリーランスのクリエイターに業務の依頼ができるサービス「ランサーユニット」を発表した。

いつでも同じフリーランスのクリエイターに依頼できる安心感を提供  新サービス「ランサーユニット」が運用開始 1番目の画像

フリーランスを活用したくてもノウハウがない現状

「副業解禁」など働き方が多様化し、採用難を感じている企業も多い。フリーランスを活用したいと考えながらも、フリーランスへの発注ノウハウがなく、実現できていないのが現状だ。

また、クラウドソーシング等により個人へ仕事発注できる機会が増えた一方で、良いフリーランスと出会うことが難しいというケースも見受けられる。今回のサービスでは、このような採用難を解決したい考えだ。

クリエイターたちのユニット「ランサーユニット」

「ランサーユニット」へ契約すると、契約企業専用のユニットを確保する。

いつでも同じフリーランスのクリエイターに依頼できる安心感を提供  新サービス「ランサーユニット」が運用開始 2番目の画像

「ランサーユニット」のメンバーは、デジタルハリウッド大学の卒業生を中心とした1名~5名のフリーランスのクリエイター・エンジニアたちだ。契約企業側は、いつでもユニット内のクリエイターへ案件が発注できるサービスとなっている。

 「ランサーユニット」サービスの特長

クリエイターの確保

契約(月額制)すると、フリーランスのクリエイター・エンジニアのユニットを常時キープし、いつでも案件の発注ができる。

9万人のネットワークからクリエイターを選定

必要なスキル・経験に合致するクリエイターを、9万人以上いるデジタルハリウッドの卒業生のネットワークから選定。

クリエイターとの直接契約

案件を発注した際は、契約企業とフリーランスで直接契約・直接清算する。

ユニットのリフレッシュ

3カ月に一度、想定案件の見直しとユニットのリフレッシュを行う。

「ランサーユニット」を利用したい企業は、「ランサーユニット」から申し込みができる。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する