1. 特許庁がカンフー動画「商標拳」を公開!おじさん社長がパクリ社長を吹っ飛ばす痛快コメディで商標登録を促す

特許庁がカンフー動画「商標拳」を公開!おじさん社長がパクリ社長を吹っ飛ばす痛快コメディで商標登録を促す

特許庁は1月21日、特設サイトとPR動画「商標拳~ビジネスを守る奥義~」を特許庁特設サイトで公開した。

株式会社カヤックが企画・制作を担当。主に中小企業経営者に向けて商標制度を普及することが目的だ。

特許庁がカンフー動画「商標拳」を公開!おじさん社長がパクリ社長を吹っ飛ばす痛快コメディで商標登録を促す 1番目の画像

ヒット商品の模倣品や商標権の横取り問題が背景

特許庁によると、近年の商標出願数は、中小企業を中心に増加傾向にあるものの、全体数から見るとまだ少ないという。

2018年に商標出願した中小企業の数は、中小企業全体の0.8%にどどまり、ヒット商品の模倣品問題や商標権の横取りなどが多発しているのが現状だ。

特許庁がカンフー動画「商標拳」を公開!おじさん社長がパクリ社長を吹っ飛ばす痛快コメディで商標登録を促す 2番目の画像

このような状況を踏まえ、商標制度の重要性を伝える目的で「商標拳~ビジネスを守る奥義~」を制作する運びとなった。

商標権に馴染みのない中小企業の従業員やその家族の目にも留まることを狙い、まるでカンフー映画のようなエンターテイメント性のある動画を採用している。

ビジネスを守る切り札「商標権」が理解できるサイト

特設サイトでは、商品やサービスのブランドイメージを左右するマークやネーミングを財産として守る知的財産権の1つ「商標権」の真髄を、カンフー仕立てのユニークなデザインと文章で紹介している。

特許庁がカンフー動画「商標拳」を公開!おじさん社長がパクリ社長を吹っ飛ばす痛快コメディで商標登録を促す 3番目の画像
特許庁がカンフー動画「商標拳」を公開!おじさん社長がパクリ社長を吹っ飛ばす痛快コメディで商標登録を促す 4番目の画像
特許庁がカンフー動画「商標拳」を公開!おじさん社長がパクリ社長を吹っ飛ばす痛快コメディで商標登録を促す 5番目の画像
特許庁がカンフー動画「商標拳」を公開!おじさん社長がパクリ社長を吹っ飛ばす痛快コメディで商標登録を促す 6番目の画像
特許庁がカンフー動画「商標拳」を公開!おじさん社長がパクリ社長を吹っ飛ばす痛快コメディで商標登録を促す 7番目の画像
特許庁がカンフー動画「商標拳」を公開!おじさん社長がパクリ社長を吹っ飛ばす痛快コメディで商標登録を促す 8番目の画像

「商標拳」を身につけた正規品会社のおじさん社長が、パクリ社長と死闘を繰り広げるというストーリーで、商標権にまったく馴染みのない人でも楽しみながら商標権を学べる。

特許庁は、商標権はビジネスの基本・商標権を知らずにビジネスをすることは経営上の大きなリスクというメッセージが、「商標拳~ビジネスを守る奥義~」を通じて伝わってほしいとコメントしている。


特設サイト:商標拳~ビジネスを守る奥義~

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する