1. リアルな地域課題を解決するビジネスプランを創出するワークショップ「デジマ式 plus」が開催

リアルな地域課題を解決するビジネスプランを創出するワークショップ「デジマ式 plus」が開催

株式会社イー・エージェンシーは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と共同で、地方自治体が抱えるリアルな地域課題に対して、ビジネスによる持続的な解決をめざすワークショップ型イベント「デジマ式 plus」を開いている。

リアルな地域課題を解決するビジネスプランを創出するワークショップ「デジマ式 plus」が開催 1番目の画像

1月22日(水)開催の第2回では山口県宇部市、2月19日(水)開催の第3回では長崎県長崎市が地域課題のプレゼンテーションを行い、持続的に解決可能なビジネスプランづくりを目指す。

ビジネスによる地域課題解決を目指す

「デジマ式 plus」は、地域が抱える地域の課題について、自治体の担当職員が自らプレゼンテーションし、参加企業がビジネスによる課題解決プランを検討するワークショップだ。

実際にビジネスとして商談化し、事業として形づくることが大きな目的となる。

リアルな地域課題を解決するビジネスプランを創出するワークショップ「デジマ式 plus」が開催 2番目の画像

2社が共同で立ち上げたプロジェクト

これまで言われていた人口減少、少子高齢化、過疎化だけでなく、産業衰退や有害鳥獣被害など、地方自治体が抱える地域課題は多様化している。課題解決には自治体や住民以外の力が必要となっている。

こういった社会情勢を受け、イー・エージェンシーと伊藤忠テクノソリューションズが共同で立ち上げたプロジェクトが「デジマ式 plus」だ。

イー・エージェンシーは、全国各地で地方創生プロジェクトを開催。伊藤忠テクノソリューションズは、オープンイノベーションスペース「DEJIMA」を運営する。「デジマ式 plus」は両社の強みを組み合わせるという。

全3回の開催を予定

第1回は昨年10月30日に開催。宮城県仙台市のプレゼンテーションを受けて、金融系スタートアップ、人材系スタートアップ、大手総合エレクトロニクスメーカー、研究開発系の独立行政法人という4社がビジネスプランの創出に取り組んだ。

リアルな地域課題を解決するビジネスプランを創出するワークショップ「デジマ式 plus」が開催 3番目の画像

今後の開催予定を含む、開催概要は以下の通り。

「デジマ式 plus」開催概要

開催日程
2020年1月22日(水)第2回:山口県宇部市
2020年2月19日(水)第3回:長崎県長崎市

時間:各回14:00~17:30(開場13:45)

会場:Innovation Space DEJIMA 
(住所:東京都品川区東五反田2丁目10−2 東五反田スクエア13F)

資格・参加条件
・地域課題に対してICTを駆使した提案を行える企業 
・自治体に対して提案、事業化までを目指せる企業
・新規事業担当者を含む、3名で参加できる企業

定員
・各回5社限定
・1社あたり3名で参加のこと

参加費:無料

主催:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、株式会社イー・エージェンシー

デジマ式 plus

DEJIMA

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する