1. 教養としての古典芸能。イラストで基本から理解できる「マンガでわかる能・狂言」が発売

教養としての古典芸能。イラストで基本から理解できる「マンガでわかる能・狂言」が発売

株式会社誠文堂新光社は2月12日(水)、古典芸能の能・狂言をイラストで説明した解説書「マンガでわかる能・狂言」を発売する。税別1600円。

ビジネスの現場はますます国際化が進んでいるが、日本で働く者の教養として覚えておくのもよいだろう。

教養としての古典芸能。イラストで基本から理解できる「マンガでわかる能・狂言」が発売 1番目の画像

「鑑賞中に眠くなる理由」も解説

日常ではふれることが少ない古典芸能。教養としておさえておきたいポイントを網羅した書籍「マンガでわかる能・狂言」が誕生した。

教養としての古典芸能。イラストで基本から理解できる「マンガでわかる能・狂言」が発売 2番目の画像

「能・狂言って何?」や「能・狂言はセットなの?」など、初心者が疑問に思う内容を、イラストを用いて基礎から丁寧に解説している。

教養としての古典芸能。イラストで基本から理解できる「マンガでわかる能・狂言」が発売 3番目の画像

用語やしきたりなどの解説に加えて、能・狂言を鑑賞する際の注目ポイントや、鑑賞中に眠くなる理由など、独自の解説も興味深い。

名曲やおすすめ曲も満載

本書では能の名曲「野宮」を取り上げ、あらすじの確認や、型や舞・謡などの楽しみ方の紹介を通して一曲まるごと解説している。

初心者におすすめの曲や、恋に命をかけたヒーロー・ヒロインが登場する話などを紹介しており、鑑賞前後どちらに読んでも役立つ内容となっている。

教養としての古典芸能。イラストで基本から理解できる「マンガでわかる能・狂言」が発売 4番目の画像
教養としての古典芸能。イラストで基本から理解できる「マンガでわかる能・狂言」が発売 5番目の画像

さらには、能の習いごと体験として「謡・舞・小鼓」の体験レポートも掲載されている。

書籍概要

書名:マンガでわかる能・狂言
編集:マンガでわかる能・狂言編集部
定価:本体1,600円+税
発売日:2020年2月12日(水)
ISBN:978-4-416-71931-2

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する