1. 【台湾】KYMCO、二輪販売台数で20年連続1位に 排出ガス規制対応車が人気

【台湾】KYMCO、二輪販売台数で20年連続1位に 排出ガス規制対応車が人気

台湾・高雄市に本社を置くKYMCO(キムコ:光陽工業)は1月10日、2019年の台湾二輪車市場における新車販売台数第1位を獲得したと発表した。

2019年の年間販売台数は30万390台で、2000年から20年連続の記録という。販売シェアは33.3%を占めた。

【台湾】KYMCO、二輪販売台数で20年連続1位に  排出ガス規制対応車が人気 1番目の画像

台湾の二輪車メーカー「KYMCO」について

「KYMCO」は、スクーター・オートバイ・モビリティスクーター・ATV・UTV・ユーティリティービークル・電動アシスト自転車などを展開。

1964年に台湾の高雄市で創業した光陽工業は、ホンダとの技術提携により「光陽機車HONDA」ブランドを展開してきた。

1992年に自社の英語名「Kwang Yang Motor CO.,Ltd.」の頭文字をとった「KYMCO」ブランドをグローバル展開し、現在は世界107の国と地域でも製品を販売している。

人口100人あたり60台以上!最も二輪車普及率の高い台湾

台湾における二輪車の普及台数は人口100人あたり60台以上と、その普及率は日本の6倍以上であることはあまり知られていない。

そのような台湾二輪市場では近年、環境に配慮した二輪車の需要が高まっている。

【台湾】KYMCO、二輪販売台数で20年連続1位に  排出ガス規制対応車が人気 2番目の画像

2019年の台湾二輪市場全体の新車販売台数は、90万2302台。そのうち81.3%に当たる73万3760台がガソリン車、18.7%にあたる16万8542台が電動車だった。

ガソリン車においても、台湾第6期の排出ガス規制を満たした「KYMCO」のガソリン車販売台数は28万9871台と、シェア2番手の電動バイク連盟の15万2347台に対して、市場シェアは1.9倍となっている。

「KYMCO」ブランドの製品は、世界107の国と地域で販売。日本ではキムコジャパン株式会社が窓口となっている。

キムコジャパン株式会社

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する