1. お台場エリアを快適に─MaaS実証実験アプリ「モビリティパス」がスタート ナビタイムジャパンなど6団体が連携

お台場エリアを快適に─MaaS実証実験アプリ「モビリティパス」がスタート ナビタイムジャパンなど6団体が連携

株式会社ナビタイムジャパンなど交通・通信6団体は1月16日、東京臨海副都心エリアの観光情報の提供や快適な移動を助ける実証実験アプリ「モビリティパス」の提供を始める。

株式会社ドコモ・バイクシェア、JapanTaxi 株式会社、東京臨海高速鉄道株式会社、一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会、およびKDDI株式会社が参加する。

お台場エリアを快適に─MaaS実証実験アプリ「モビリティパス」がスタート ナビタイムジャパンなど6団体が連携 1番目の画像

MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)

ナビタイムジャパンによると、このアプリは東京都が公募した「MaaS社会実装モデル構築に向けた実証実験プロジェクト」に基づいた、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)実証実験の一環。

MaaSは、様々交通手段・ルートの検索から、利用、決済までを1つの「移動サービス」としてシームレスに統合するという新しい移動の概念だ。

「モビリティパス」2020年2月14日まで無料提供

「モビリティパス」では、当該エリアの地図、観光関連情報、エリア内で利用可能なクーポンなどを配信する。

実証実験の一環として、8人乗りの予約制シャトル「東京臨海シャトル」もエリア内を走る。運行コースは2ルートあり、2月12日までの期間、毎日無料運行する予定だ。

アプリでは、「東京臨海シャトル」やりんかい線、シェアサイクルなどと組み合わせた最適なルート検索機能も備えるほか、検索結果画面からシェアサイクル1日パスの予約・購入や、「東京臨海シャトル」の予約ができるという。

さらに、アプリ内でアンケートに回答した人を対象に、りんかい線1日乗車券を贈呈するキャンペーンも同時開催する。

お台場エリアを快適に─MaaS実証実験アプリ「モビリティパス」がスタート ナビタイムジャパンなど6団体が連携 2番目の画像

「モビリティパス」提供は、2月14日までの約1カ月間を予定しており、利用は無料。アプリ詳細は専用サイトから確認ができる。

同社は今回の実証実験を通じ、当該エリアにおける情報および快適な移動手段を提供することで、エリアにおける観光の活性化に貢献していきたいとしている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する