1. 【全国初】高速道路のSAにコワーキングスペース!宮崎大学・NEXCO西・九州アイランドワークが社会実験

【全国初】高速道路のSAにコワーキングスペース!宮崎大学・NEXCO西・九州アイランドワークが社会実験

宮崎大学地域資源創成学部・NEXCO西日本・九州アイランドワークは共同で、高速道路のサービスエリア(SA)にコワーキングスペースを設置する共同研究・社会実験を行う。

2020年1月20日(月)~2021年3月末に、E10宮崎自動車道の山之口SA(上り線)にコワーキングスペース「KIW-Workbox山之口SA」を設置する。

【全国初】高速道路のSAにコワーキングスペース!宮崎大学・NEXCO西・九州アイランドワークが社会実験 1番目の画像
コワーキングスペースの活用イメージ 提供:九州アイランドワーク

高速道路が持つ多様な可能性を模索へ

高速道路が持つ多様な可能性を模索すべく、SAを分散型のワークプレイスの1つと捉え、コワーキングスペース設置による新たな移動形成等について、共同研究・社会実験を実施へ。

コワーキングスペースの利用実態や地域特性を活かした調査研究、教育・人材育成の推進および相互協力について研究する。

同社の発表によると、高速道路のサービスエリアへのコワーキングスペース設置は、全国の高速道路で初めてだという。

スノーピーク社製の「住箱」を改修

スノーピーク社製の「住箱(ジュウバコ)」を改修したコワーキングスペースを設置する。

【全国初】高速道路のSAにコワーキングスペース!宮崎大学・NEXCO西・九州アイランドワークが社会実験 2番目の画像

施設内は冷暖房完備で、最大4人のミーティングテーブルとカウンターテーブル席(4人)・無線Wi-Fi・電源コンセント・モニターディスプレイを備える。

ビジネス本や地域のガイド誌、地域の定量データ資料など、地域色の高い書籍も設置予定だという。

【全国初】高速道路のSAにコワーキングスペース!宮崎大学・NEXCO西・九州アイランドワークが社会実験 3番目の画像

アプリから予約し、スマートキーで入室

利用時間は8:00~19:00を予定している。

利用はスマートキーを活用。利用者はアプリをダウンロードして会員登録後、利用時間に応じて予約(1時間200円)。鍵を取得して入室し、利用時間が過ぎたら退出する。

【全国初】高速道路のSAにコワーキングスペース!宮崎大学・NEXCO西・九州アイランドワークが社会実験 4番目の画像

年齢制限は設けていないが、大学生以上が対象。飲食は行えるがアルコールは禁止。睡眠や宿泊はできない。

実験期間は2021年3月末まで。以降の継続は、研究・社会実験等の状況により判断するという。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する