1. 若手起業家に最大1年間のベーシックインカム、秋田拠点の民間企業Arinosが「事業家給与保証制度」を開始

若手起業家に最大1年間のベーシックインカム、秋田拠点の民間企業Arinosが「事業家給与保証制度」を開始

秋田県大仙市を拠点に起業家育成に取り組む株式会社Arinosは1月9日、全国の起業を目指す若者に向けて、最大1年間給与を負担する「事業家給与保証制度」をスタートすると発表した。

資金不足に悩む若い起業家に最大1年間のベーシックインカムを保証することで、若い起業家が資金不足を理由に起業を諦めてしまう課題を解決するという。

若手起業家に最大1年間のベーシックインカム、秋田拠点の民間企業Arinosが「事業家給与保証制度」を開始 1番目の画像
イメージ画像/Adobe Stock

経済的不安が事業立ち上げの障害に

同社は2019年8月に、起業志望者等を対象に、事業の黒字化までを初期費用無しで一括伴走支援する起業家育成プログラム「ArinoStartup」を立ち上げ、東京や東北地方からの参加者の事業立ち上げを伴走支援してきた。

しかし、経済的な不安から事業へのチャレンジを諦めてしまうケースが見受けられるなど、若手企業家にとって経済的不安が事業立ち上げの大きな障害になっているという。

月10~15万円を最大1年間

同社はこの問題を解決するために、従来のサービスに加え、若手起業志望者に最低限の給与を保証する「事業家給与保証制度」をスタートした。

同社の事業責任者および代表と面談後、熱意がある・人柄が良い・利他の観点をしっかりと持っている人(基本的に20~30歳が対象)を有期雇用の形で採用。

最低限の給与(月10~15万円)を保証しつつ、自身の会社の事業立ち上げに専念してもらう。

有期雇用に至らなかった場合でも、ArinoStartupは利用できるそうだ。

若手起業家に最大1年間のベーシックインカム、秋田拠点の民間企業Arinosが「事業家給与保証制度」を開始 2番目の画像
イメージ画像/Adobe Stock

同社の発表によると、起業を目指す若者への給与保証は地方自治体では例があるが、民間企業としては極めて珍しい取り組みだという。

2020年度に10名の採用が目標。今後は各地域での事業数を増やしていき、将来的には47都道府県での採用と各地域で挑戦できる環境生成につながる、中心的な人物の育成を目指したいと思っているという。

【事業家給与保証制度】
・対象者:全国の起業志望者(学生/社会人)・熱意がある人・人柄が良い人
※応募方法や事業立ち上げ支援内容の詳細は、同社プレスリリースにて案内している。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する