1. 【1000名規模】九州各地で良縁フェスティバルが開催、AI相性診断などで「条件」重視の婚活に一石

【1000名規模】九州各地で良縁フェスティバルが開催、AI相性診断などで「条件」重視の婚活に一石

ライフデザイン支援サービスの株式会社LMOは1月18日(土)から、人生100年時代を見据えた結婚支援プロジェクト「九州良縁フェスティバル」を、鹿児島市・熊本市・福岡市・大分市で開催する。

関連イベントとして、1月26日(日)に「唐津良縁フェスティバル」も佐賀県唐津市で開く予定だ。2つのイベントを合わせ、九州全体で参加者計1,000名規模を見込む。

AI相性診断や人生デザインを取り入れ、従来型の結婚支援の課題を克服するという。

【1000名規模】九州各地で良縁フェスティバルが開催、AI相性診断などで「条件」重視の婚活に一石 1番目の画像

AI相性診断や人生デザインを取り入れた婚活イベント

「九州良縁フェスティバル」参加者は、より良い結婚生活につなげる「人生デザイン」や慶應義塾大学SFC研究所健康情報コンソーシアムとの共同研究による「AI相性診断」に取り組める。

これらの結果をクラウド上のプロフィールと連動させ、九州各地のイベント参加者同士が、イベント後もマッチングされる仕組みだ。

マッチングには、AI相性診断に加えて仲人役の経験を活かすほか、九州全体で地域の垣根を超えたマッチングが可能となる。

例えば、福岡県在住の女性と熊本県在住の男性が、相性が良いとしてマッチングした場合、遠隔地でもお見合いできるよう、仲人役も加えた3者間でビデオ通話での「お見合い」もできる。

婚活に人生デザインを取り入れた背景

明治安田生活福祉研究所の結婚意識に関する調査によると「女性は年齢で苦戦、男性は経済力で結婚を諦める」という傾向が顕著だという。

婚活の現場では、男女問わず“良い条件の人”に人気が集中するのが現状だ。

【1000名規模】九州各地で良縁フェスティバルが開催、AI相性診断などで「条件」重視の婚活に一石 2番目の画像


【1000名規模】九州各地で良縁フェスティバルが開催、AI相性診断などで「条件」重視の婚活に一石 3番目の画像

また、人生100年時代の到来で、従来の伝統的な人生モデル(教育→仕事→引退)が通用しなくなり、人生のさまざまなタイミングで学び直し・転職・育児などを行うマルチステージの人生モデルが必要になっている。

マルチステージの人生においては、変化に対応して、自立的にキャリアを切り拓き、個人が主体的にキャリアを磨くことが求められる。

LMOは、婚活を人生デザインの好機と捉え、イベントに人生デザインを取り入れ、これを「人生デザインマッチング(Life Design Matching)」と命名。

婚活という機会を「人生デザイン」をする機会として利用してほしいとしている。

「九州良縁フェスティバル」の概要

九州良縁フェスティバル、唐津良縁フェスティバルの会場と日程は次のとおり。

鹿児島:1月18日(土)エルセルモ鹿児島

熊本:1月19日(日)エルセルモ熊本

福岡:1月20日(月)フデバコ

大分:1月25日(土)セントクレアヒルズ大分

佐賀・唐津:1月26日(日)旧大島邸

詳細や申し込み方法については、公式ページで確認できる。

九州良縁フェスティバル

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する