1. 記憶定着の学習アプリ「Monoxer」が、語学学習のスピーキング強化を目指した新機能を追加

記憶定着の学習アプリ「Monoxer」が、語学学習のスピーキング強化を目指した新機能を追加

モノグサ株式会社は12月23日、記憶定着のための学習アプリ「Monoxer」にて、スピーキング力を強化するための新機能を追加したと発表した。

記憶定着の学習アプリ「Monoxer」が、語学学習のスピーキング強化を目指した新機能を追加 1番目の画像

知識定着をAIがサポートするアプリ

Monoxer」は、記憶定着のための学習アプリ。AIがユーザーの「記憶のクセ」を分析し、個別最適化する。最適化された問題を解くことで、効率的な学習ができるという。

英語や漢字などの学習コンテンツから社内マニュアルまで、さまざまな情報の暗記や知識定着に役立てることができる。

日本語や英語を含む20カ国語以上の言語に対応しているため、外国籍のスタッフも利用できるとしている。

総合的な英語学習が可能に

同社によると本アプリは英語学習に多く利用されており、4技能のうち、特にリーディング・ライティング・リスニングの強化を目指して活用されてきた。

記憶定着の学習アプリ「Monoxer」が、語学学習のスピーキング強化を目指した新機能を追加 2番目の画像

今回新機能として「音声認識機能」を追加したことで、スピーキング力の強化を図ることができるようになった。

学習履歴や得意不得意な分野、記憶状況などがアプリで一元管理されるため、4技能を網羅した効果的な学習が可能になるという。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する