1. 町家の並ぶ路地全体が1つの宿に!京都に来春「Nazuna 京都 椿通」が開業、取り壊し直前の街を再生

町家の並ぶ路地全体が1つの宿に!京都に来春「Nazuna 京都 椿通」が開業、取り壊し直前の街を再生

伝統的建造物を利活用した宿の企画・運営に共同で取り組んでいる株式会社Kirakuと株式会社Nazunaは、京都市下京区坊門町に2020年4月、宿「Nazuna 京都 椿通(つばきどおり)」を開業する。

明治時代に建てられた町屋の立ち並ぶ路地一帯を改修し、全23室の旅館と2つのレストランで構成される新たな街に。

取り壊される目前だったという町家群全体を、宿泊・飲食機能を備えた街に生まれ変わらせる新たな試みだ。

町屋が並ぶ路地全体が高級旅館に─「Nazuna 京都 椿通」が来春開業 取り壊し直前の街を再生 1番目の画像

路地一帯を改修し1つの宿に

この宿は築110年以上の町家が立ち並ぶ約1400平方メートルのL字型路地一帯を、1つの宿に改修した旅館。四条大宮付近の一角に位置する。

玄関口となるレセプション棟は奥行きのある京都らしい造り。ゲストを出迎える場のみならず、外界と宿の世界を結ぶ小道でもあるという。

レセプションを抜けた先には、昔の花街を思わせる街並み。石畳の敷かれた街路は夕暮れと共に提灯や置き行灯が灯り、艶やかさを帯びる。

客室は「京都の自然美」がテーマ

23棟の町家は23の露天風呂付客室に生まれ変わる。

京都の自然美をテーマに「TAKE」「MIZU」「IWA」「HANA」「HA」の5つのカテゴリーを設定。それぞれのテーマから着想を得た内装・インテリアがゲストを楽しませる。

町屋が並ぶ路地全体が高級旅館に─「Nazuna 京都 椿通」が来春開業 取り壊し直前の街を再生 2番目の画像
町屋が並ぶ路地全体が高級旅館に─「Nazuna 京都 椿通」が来春開業 取り壊し直前の街を再生 3番目の画像

2つのレストランで特色ある食体験を提供

宿内には、極上のコース料理を楽しめる6席限定のシェフズテーブル「q」と、厳選した最高品質の国産和牛を様々な調理スタイルで提供する「和牛料亭 bungo」の2つのレストラン。

「q」は、ミシュランガイド京都・大阪2020で3ツ星を獲得した割烹「祇園さゝ木」の主人・佐々木浩氏と、MBSグループの食事業会社・TOROMI PRODUCEがプロデュース。

「和食料亭bungo」は、豊後牛専門店「焼肉ホルモン ブンゴ」等を運営するインターナショナルサポートが展開する新業態だという。

町屋が並ぶ路地全体が高級旅館に─「Nazuna 京都 椿通」が来春開業 取り壊し直前の街を再生 4番目の画像

宿泊の予約受付開始は2020年1月を予定している。

【Nazuna 京都 椿通】
・所在地:京都市下京区高辻通大宮西入坊門町838
・客室数:23室(スイート9室、スタンダード14室)
・アクセス:阪急電鉄 京都本線「大宮駅」・京福電気鉄道 嵐山本線「四条大宮駅」から徒歩5分

※画像は完成イメージ図

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する