1. ミレニアル世代が考案した「新規事業アイデア」オークションが東京・日比谷で開催

ミレニアル世代が考案した「新規事業アイデア」オークションが東京・日比谷で開催

新しい事業アイデアを求めているものの、なかなか自社の中からアイデアが出てこない……という企業は少なくないだろう。

若く柔軟な発想をもっている学生は革新的なアイデアを生み出すことができるが、リソースがない。逆に、大企業はリソースがある。

そんな両者をマッチングするイベント「新規事業アイデア」オークションが、12月18日(水)に東京・日比谷のBaseQで開催される。

ミレニアル世代が考案した「新規事業アイデア」オークションが東京・日比谷で開催 1番目の画像

若い感性が生んだ新規事業アイデアに出会える場

「新規事業アイデア」オークションとは、具体的にどのようなイベントなのか。

科学的な「事業開発アプローチ」を学んだミレニアル世代の約200名が、若い感性を生かして新規事業のアイデアを考案した。

ミレニアル世代が考案した「新規事業アイデア」オークションが東京・日比谷で開催 2番目の画像

それらの事業アイデアのうち、「自社にとって価値がありそう」と感じたアイデアがあれば、その場で企業とアイデア発案者が提携やコラボレーションの話を具体的に進められるという流れ。

「自社内では思いつかない、高品質な事業アイデアを発掘したい」「アイデアを発案者と一緒に、自社の新規事業として育てたい」という企業にピッタリだ。

事業開発について学んだ若者のアイデアと、企業の橋渡しを

イベントの趣旨を大まかに分類すると、以下の4つになる。

ミレニアル世代が考案した「新規事業アイデア」オークションが東京・日比谷で開催 3番目の画像

1.意識の高い若手社会人や大学生が、科学的な「事業開発アプローチ」を学ぶ
2.その中で、PSF(*1)レベルをクリアした「よりすぐりの新規事業アイデア」を発表する
3.イベント参加者は「自社の新規事業」として検討可能な事業アイデアを選択できる
4.発表者、参加者、アドバイザーの「三者コラボ」で、事業をPMF(*1)レベルまで育てる

*1  PSF : 課題解決フィット (Problem Soluton Fit) 
*2  PMF : 製品市場フィット (Product Market Fit)

この「新規事業アイデア」オークションは、単にアイデアの発表を聴いたり、面白いプロジェクトを発案した人と知り合ったりするだけでなく、自分自身が興味を持った事業をセレクトし、市場での収益が見込める「PMFレベル」まで、最短距離で事業を開発する仕組みを実現しているのがユニークな点。

新規事業開発担当者、マーケティング担当者、企業の経営者などに向けたイベントであり、自社の新規事業のタネを発掘したり、意識の高い若手社会人や学生と交流する貴重な機会ともなる。

【イベント開催概要】

◆日時
2019年12月18日(水)18:00~22:00  ※懇親会込み
◆会場
BASE Q HALL1
東京都千代田区有楽町1丁目1−2  東京ミッドタウン日比谷 6F
◆アジェンダ
18:00  オープニング
18:30  チームdot 新規事業アイデア発表会
19:30  休憩
19:50  hintゼミ 新規事業アイデア発表会
21:20  クロージング
21:40  懇親会

講師には、株式会社ループス・コミュニケーションズ代表の斉藤徹氏、アドバイザー・審査員には、株式会社4th・株式会社ツナグ代表の佐藤尚之氏を迎える。事業のタネを求めているなら、ぜひ足を運んでみては。

イベント申し込みはこちら

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する