1. タクシー配車アプリ「MOV」、効率的に客までのルートをナビする「お客様探索ナビ」の商用化を開始

タクシー配車アプリ「MOV」、効率的に客までのルートをナビする「お客様探索ナビ」の商用化を開始

株式会社ディー・エヌ・エーは12月10日、同社が運営するタクシー配車アプリ「MOV」において、AIを活用することでタクシー需要供給予測を行い、客までの経路をナビゲーションする「お客様探索ナビ」(旧・仮称「AI探客ナビ」)の商用化を開始した。

効率的に客を探す

「お客様探索ナビ」は、運行中のタクシー車両から道路交通情報を収集。タクシーを必要としている客がどこにいるかを予測し、乗務員を誘導する。

エリアの需要予測にとどまらず、他のタクシーの供給量なども加味したうえで、最適な経路を推薦することができる機能だ。

乗務員は、目的地を入力せずに、このナビゲーションに従って走行することで、効率的に客を探すことができるという。

タクシー配車アプリ「MOV」、効率的に客までのルートをナビする「お客様探索ナビ」の商用化を開始 1番目の画像

5回の実証実験を経て商用化

同社は「お客様探索ナビ」の商用化を目指し、2018年11月から5回にわたり実証実験を行ってきた。

その結果、実際に使用した乗務員からは、「営業収入が上がった」「収益性の高い典型的なルートを再現できている」など、新人・ベテラン問わず好評を得ていたという。

今回の本格導入により、歩合制であるがゆえに不安を抱えがちな新人の乗務員でも、効率的に収益を上げることができると期待されている。

同社は「お客様探索ナビ」を通じて、タクシー事業者の収益性の向上および人材不足の解消を目指すとしている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する