1. 国内ナンバー1の“サブスク”サービスとは?第1回「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」で表彰

国内ナンバー1の“サブスク”サービスとは?第1回「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」で表彰

一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会は、第1回「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」の表彰式を12月9日に開催し、グランブリを決定した。

“サブスク”サービス認知拡大が目的

サブスクリプションビジネスとは、定額制商品販売・サービス提供を行うビジネスモデルのこと。

国内ナンバー1の“サブスク”サービスとは?第1回「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」で表彰 1番目の画像

世界中で注目されている“サブスク”サービスの認知拡大・産業振興を目的に、2019年1月に発足した日本サブスクリプションビジネス振興会では、現在140社の企業が会員登録しており、月平均5社のペースで会員社数を伸ばしている。

登録会員社は、大手から中小やスタートアップまで様々で、業種も服飾や化粧品、食品をはじめとした小売業やサービス業、IT業など多岐に渡る。また、月1度の月例会を開催し、会員社メンバー同志の交流を図っている。

サブスク アンバサダーはロザン宇治原氏

振興会では、サブスクビジネスの更なる活性化を目指して、より優れたサービスに対する表彰制度を設置。今回開催された第1回の「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」表彰式では、サブスク アンバサダーのロザン宇治原史規氏から、受賞者にトロフィーと賞金100万円他が授与された。

宇治原氏は今回のグランプリについて、自身にも小さな子どもがいるため、おもちゃの定額のサブスクはすぐにでも利用したいと語っている。

今回の受賞者の概要は以下となる。

【日本サブスクリプションビジネス大賞2019  受賞社】

◆グランプリ:「トイサブ!」

2015年から開始した「トイサブ!」というサブスクリプションサービスを運営する株式会社トラーナでは、月額3340円(税抜)で子どもの成長と月齢に合わせたおもちゃや知育玩具を隔月でお届けするレンタルサービス提供を行っており、現在の利用家庭は2200世帯を超える。

◆シルバー賞:「MEZON」

「MEZON」という美容室のサブスクリプションサービスを運営する株式会社Jocyでは、月額1万6000円から、シャンプー・ブロー・ヘアケアに特化したメニューで提携約400の美容室に通い放題というサービスを提供。現在利用者は2万5000名を超えている。

◆ブロンズ賞:「Optune」

「Optune」は資生堂ジャパン株式会社のパーソナライズ・スキンケア・ブランドで、自宅のIoTマシンを通じて、肌と肌環境に合わせたケアを月額1万円(税抜)で提供するサブスクリプションサービス。

◆さくらインターネット賞:「GooPass」

「GooPass」というサブスクリプションサービスを行うカメラブ株式会社では、月額5800円(税抜)からおよそ750種類のカメラ機材が入れ替え交換利用し放題というサービスを提供。現在ユーザー数は1万名を超える。

◆GMOペイメントゲートウェイ賞:「ダイソンテクノロジープラス」

ダイソン製品を試したいけど、なかなかチャンスがない、という人に向けたサブスクサービス。掃除機、ヘアードライヤーや空調家電など、ダイソンの機能性の高い製品を自分の生活空間で利用できる。サポートも含み、利用料は月額1100円(税込)から。

◆Paidy賞:「ネット宅配クリーニング『リネット』」

「ネット宅配クリーニング『リネット』」というサブスクリプションサービスを運営する株式会社ホワイトプラスでは、月額390円(税抜)で早朝・深夜集配や毛玉取り・毛取りが利用し放題というサービス提供を実施。現在登録会員数は35万名を超えている。

◆優秀賞:5社(50音順)

「安否確認サービス」(トヨクモ株式会社)
「URIHO」(株式会社ラクーンフィナンシャル)
「every pass」(株式会社JR東日本ウォータービジネス)
「OFFICE PASS」(株式会社日本経済新聞社)
「レターパックダイレクト」(株式会社JPメディアダイレクト)

 モノを所有するのではなく、シェアするというライフスタイルは、今後も若い世代を中心にどんどん拡大していきそうだ。賢く利用することで、余計なモノを増やさずゴミを減らし、出費を抑えることにもつながるだろう。

日本サブスクリプションビジネス振興会

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する