1. 「事業譲渡・承継のマッチングプラットフォーム」が登場、後継者不足による廃業を解決へ

「事業譲渡・承継のマッチングプラットフォーム」が登場、後継者不足による廃業を解決へ

“ヒトと企業の課題をITで解決する”をビジョンに掲げるIT総合商社のWizは5日、事業譲渡・承継のマッチングプラットフォーム「DX承継君」をリリースした。

事業譲渡・承継したい会社と事業買収したい会社をつなげるマッチングプラットフォームだ。

「事業譲渡・承継のマッチングプラットフォーム」が登場、後継者不足による廃業を解決へ 1番目の画像
イメージ画像/Adobe Stock

深刻化する事業承継問題を解決へ

近年、経営者の高齢化等による事業承継問題が深刻化している。

中小企業庁の推計によると、中小企業経営者の約245万人が平均引退年齢である70歳を超えており、その半数の127万人が後継者未定という結果が出ているそう。

後継者不在のために廃業を選択する企業も多く、2018年には全国で前年比14.2%増の4万6724社が休廃業・解散したそうだ。

M&A案件のマッチングプラットフォーム

信頼できる企業へ事業承継できれば、長年培ってきた企業独自のノウハウや技術、人脈を途絶えさせることなく、事業を存続させることが可能になる。

「DX承継くん」は、“事業譲渡・承継したい会社”と“事業買収したい会社”をWEB上でつなげるマッチングプラットフォーム。

業種や希望条件からM&A案件を探すことが可能。それぞれの案件の譲渡理由や売却希望額、財務情報などが公開されている。

無料の会員登録で、M&A案件のメルマガ配信や事業買収のリクエストを行うこともできるそうだ。

「事業譲渡・承継のマッチングプラットフォーム」が登場、後継者不足による廃業を解決へ 2番目の画像

同社は今後、会社売却や事業承継などの相談も積極的に受け付け、経営者の課題解決を手伝うと共に、オリジナル売却案件の保有を強化していくという。

さらに、事業譲渡・承継の過程で、IT総合商社の同社だからこそできる事業のデジタルトランスフォーメーションの相談も受け付けるそうだ。

同サービスを広げることで、企業が抱える事業承継問題の解決に貢献するとしている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する