1. 品川駅前に300名超のホールを備える「TKPガーデンシティPREMIUM品川」が2020年4月に開業予定

品川駅前に300名超のホールを備える「TKPガーデンシティPREMIUM品川」が2020年4月に開業予定

東京・JR品川駅高輪口に建設中のビル「京急第11ビル」に、株式会社ティーケーピーがカンファレンス施設「TKPガーデンシティPREMIUM品川(仮称)」を入居させる。

天井高4.0メートル、300名超のホールを備えたカンファレンス施設で、2020年4月1日(水)の開業を予定している。

品川駅前に300名超のホールを備える「TKPガーデンシティPREMIUM品川」が2020年4月に開業予定 1番目の画像

品川駅周辺で貸会議室の需要増を見込む

6路線につながる交通の要衝・品川駅。

「TKPガーデンシティPREMIUM品川」は、高輪口から徒歩3分。全4室で、561席の会議室・オフィスバンケットを備えたカンファレンス施設となる。

品川駅は東海道新幹線の停車駅でもあり、羽田空港へもアクセス良好だ。

天井高4.0メートルの開放的なスペースは、会議や研修のみでなくセミナーや懇親会などさまざまな用途で利用できる。

品川駅周辺は再開発が進行しており、貸会議室需要がさらに高まる見込みだ。

好立地を活かして、近隣の企業や全国の顧客の多様化するニーズに応えたいとしている。

フレキシブルオフィス市場の拡大を目指す

TKPグループは国内外で406施設、11,529席の貸会議室、シェアオフィス・レンタルオフィス・コワーキングスペースを展開している。

今後も時間貸しから短中期のレンタルオフィスまで、細分化されたビジネス需要に対して高い利便性を提供し、日本のフレキシブルオフィス市場の拡大を目指す。

詳細は公式サイト:TKPガーデンシティPREMIUM品川

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する