1. 国内最大級のBtoBデータベースサイト「イプロス」が会員数110万人突破

国内最大級のBtoBデータベースサイト「イプロス」が会員数110万人突破

情報を探すユーザーと技術をPRしたい企業をつなぐ、日本最大級のBtoBデータベースサイト「イプロス」の運営会社は11月27日、会員数が110万人を突破したと発表した。

国内最大級のBtoBデータベースサイト「イプロス」が会員数110万人突破 1番目の画像
出典:ipros.jp

イプロスは2000年10月からサービス提供を始め、今年9月に110万人を超えた。

「イプロスものづくり」「イプロス都市まちづくり」「イプロス医薬食品技術」の3カテゴリーを設定。ユーザーは膨大な製品・サービス・技術の中から求める情報を探すことができ、出展企業は自社をPRできるというメリットがある。

同社は今後も日本のBtoBを支え続け、企業の交流を加速するとしている。

ユーザーと企業両方にメリット「イプロス」の特長

同社によると、国内最大級という規模を活かして、ユーザーは膨大な製品・サービス・技術の中から欲しい情報が分野別で探せるのが特長。

また、出展企業は業界や業種の枠を超えて自社をPRできる。

国内最大級のBtoBデータベースサイト「イプロス」が会員数110万人突破 2番目の画像


新規市場や顧客を開拓できる

ものづくり、都市まちづくり、医薬品・食品・バイオ関連に携わる多くのエンジニアや研究者も「イプロス」を閲覧。

企業にとっては、想定外だった分野のエンジニアや研究者から注目され、新規市場の開拓につながることが期待できる。

無料出展会員は無料で情報掲載が可能

イプロスのユーザーは購買意欲が高いことが特徴だという。

イプロス無料出展会員は、企業情報や製品・サービス情報を無料で掲載できるため、新たなビジネスを広げたい企業にとっては大きなメリットだ。

BtoBデータベースサイト「イプロス」の詳細は、以下の公式サイトから確認できる。

イプロス

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する